IoT大気質モニタリング

大気質は人々の健康に悪影響を及ぼす可能性があるため、大気質のモニタリングはますます重要かつ一般的になっています。規制要件および技術の進歩もまた、監視への関心と使用を促進しています。

CypressSensirionは、Cypress PSoC 6プロセッサとSensirionセンサを統合してセンサデータをクラウドダッシュボードに統合するIoT大気質モニタリングのサンプルプロジェクトに協力しました。

プロジェクトの背景

このプロジェクトでは、CY8CKIT-062-WIFI-BT PSoC 6評価ボードを使用して、I2Cを介してSensirionのセンサを読み、クラウドに接続します。SensirionのSGPSPSSHTセンサは、VOCとCO2に相当するガス濃度、粒子状物質濃度、温度、湿度を測定するために使用されます。ThingsBoardオープンソースIoTプラットフォームは、ダッシュボード上のセンサデータの視覚化に使用されます。プロジェクトの詳細、手順、ソフトウェアはすべて、GitHubからダウンロード可能なIoT大気質モニタリングのサンプルプロジェクトに文書化されています。プロジェクトと共に提供されるデモソフトウェアは、ほとんどのサイプレスWICED SDKデバイスと互換性があるはずですが、構成コードはハードウェアに合うように調整される必要があるかもしれません。

Digi-Key Electronicsでの入手可能性

ARDUINO SHIELD SGP30_SHTC1

関連製品ハイライト

次世代スマート大気質モニタリング

著者について

Image of Scott Raeker

Scott Raeker氏は、Digi-Key Electronicsの主任アプリケーションエンジニアです。2006年以来、同社に在籍し、ワイヤレス分野でのお客様を支援を主な仕事としています。彼はエレクトロニクス業界で35年以上の経験を持ち、ミネソタ大学で電気工学の学位を取得しています。余暇には、歴史的な農家の修復を楽しんでいます。

More posts by Scott Raeker氏