新製品発見 - MicrochipのSAMA5D27システムオンモジュールとMPLAB PICkit 4

今日の新製品発見は、Microchip Technologyならではの製品です。Microchipは、マイクロコントローラの会社としてよく知られています。本日紹介する製品は、PICやdsPIC製品を使用して、コスト効率の高い開発方法を提供する長い歴史を継続することにより、時代を先取りしています。

手元の最初の製品は、SAMA5D27システムオンモジュール(SoM)です。SoMとは基本的には、1つのチップの上に1つのコンピュータシステムが全部載っかっている代物です。このコンピュータシステムを制御する原動力ですが、モジュールの頭脳は、32ビットARM Cortex-A5プロセッサです。そして、500MHzで動作する1ギガビットのDDR2 SDRAMがこれをサポートします。さらにこのSoMには、無料のLinux配布やベアメタルなCのサンプルプログラムが付いてきます。

SAMA5D27は、SoMを基板にはんだ付けするだけで(つまり、設計内に完結したコンピュータシステムを埋め込む)、余計なことをせずに合理的に最終製品を実現できます。取り組んでいるアプリケーションが何であれ、みなさんの設計は、これによってMicrochipのエキスパートによる回路設計の恩恵を受けます。

Digi-Keyでは、SAMA5D27モジュール用の開発ボード(品番:ATSAMA5D27-SOM-EK1)を扱っています。このボードには、MikroElekronikaの各種センサモジュールを評価するためのEthernet、SDメモリカード、そしてClick Board mikroBUSの統合モジュールが組み込まれています。

また、Microchipでは、PICkitシリーズの最新版でもインサーキット開発のコスト引き下げを継続しています。MPLAB PICkit 4は、MicrochipのPIC、dsPIC、そして暗号化デバイスのインサーキットデバッグとプログラミングをサポートしています。PICkit 4は以前のバージョンよりも速くプログラムできるだけでなく、2線式JTAGやICSPを使用するシステムとの下位互換性を保ちながら、4線式JTAGおよびストリーミングデータゲートウェイ付きシリアルワイヤデバッグなどの高度なインターフェースをサポートしています。PICkit 4を使用すると、コードやプログラムを実質的にどこにでも移植できます。

新製品発見のこのエピソードで紹介した製品はすべて、Digi-Key Electronicsに在庫があるので、今すぐ入手できます。見てくれてありがとう!

著者について

Image of Randy Restle

Digi-Key Electronicsのアプリケーションエンジニアリング担当副社長のRandall Restle氏は、熟練したアプリケーションエンジニア、技術者、および管理職員のチームを評価、設計、および指導して、先進技術の選択と使用においてお客様にサービスを提供するというDigi-Keyの技術戦略を指揮しています。彼は、エンジニアリング、デジタルおよびアナログ回路の設計、プリント回路基板、および組み込みソフトウェアの設計に35年携わった後、2011年にDigi-Keyに入社しました。Randallはシンシナティ大学でBSEE、MSおよびMBAを取得しています。彼はまた、IEEEのシニアメンバーであり、オハイオ州の登録プロフェッショナルエンジニア、Project Management Instituteの認定プロジェクトマネジメントプロフェッショナルであり、いくつかの特許の発明者です。

More posts by Randall Restle