Acconeer A111レーダセンサ


私たちが日常的に使用している多くのデバイスの機能を向上させる場合、それを実現に導くソリューションは山ほどあります。今日、多くの機器に求められる最も一般的な能力は自律性です。誰もが、スマート、自動運転、セルフクリーニング、自己充電などの機能を求めます。どのような機器であっても、このような能力を持たせるには、まずその機器に周囲を知覚させる能力を持たせることが必要になります。

スウェーデンのメーカー、Acconeerでは、感覚知覚、奥行知覚、動き検出などの能力を持つ単一チップを開発しました。このチップは小型パッケージで、目的のエンドデバイスが容易に開発できるように設計されています。A111チップは、自動車、民生用製品、健康機器、ロボティクスなど、さまざまなアプリケーションに使用できる可能性を持っています。

このような技術を市場に投入するには、非常に大きな開発努力が必要になります。Acconeerは、ユーザーがRaspberry Piを使用して最終製品の機能設計を可能にする開発プラットフォーム、XR112およびXC112を提供することによって、ユーザーの負担を大きく軽減させました。Acconeerのこの開発プラットフォームは、使用するには一般的なプログラミングの理解が必要であることから、プラグアンドプレイほど簡単ではありません。これを支援するために、Acconeerでは入門ガイド入門ビデオを提供しています。

これらすべてのハードウェアを使い始める際、ハードウェアをAcconeerのウェブサイトの正しいソフトウェアに合わせることが非常に重要になります。最初の開発プラットフォームは、XR111XC111の組み合わせでしたが、最新のものは前述のXR112とXC112の組み合わせです。各組み合わせには、独自のソフトウェアがあります。XR112とXC112を使用する際のもう1つの注意は、付属ケーブルの向きです。ケーブルの青い面が、両側を向くようにします。何か疑問があれば、Digi-Key TechForumをご覧ください。

著者について

Digi-Key Electronicsのアソシエートアプリケーションエンジニアリング技術者であるTravis Weesner氏は、2008年よりDigi-Keyに勤務し、現在は世界中のお客様に技術支援を提供しています。以前は、半導体のサプライヤプライススペシャリストであり、特にメモリ領域やマイクロコントローラ分野の半導体のアプリケーションについて学びました。Travisはエレクトロニクステクノロジ自動化システムの学位を取得しています。彼の傾向は半導体に向いていますが、センサや自動化が未来の波だと感じています。

More posts by Travis Weesner