リアクタンス変換カリキュレータ

概要:

これらのカリキュレータは、誘導性リアクタンスとアドミッタンス、容量性リアクタンスとアドミタンスを求めるためのものです。 周波数はGHz(したがって.001 = 1MHz)、インダクタンスはナノヘンリー(nH)、および容量はピコファラド(pF)で、必ず入力してください。

誘導性リアクタンス

|XL| = 2πfL

|BL| = 1000 / |XL|

周波数(f):
GHz
インダクタンス(L):
nH
リアクタンス(|XL|):
Ω =
アドミタンス(|BL|):
mS =

誘導性アドミタンス

L = |XL| / (2πf)

|BL| = 1000 / |XL|

リアクタンス(|XL|):
Ω
周波数(f):
GHz
インダクタンス(L):
nH =
アドミタンス(|BL|):
mS =

容量性リアクタンス

|XC| = 1000 / (2πfC)

|BC| = 1000 / |XC|

周波数(f):
GHz
キャパシタンス(C):
pF
リアクタンス(|XC|):
Ω =
アドミタンス(|BC|):
mS =

容量性アドミタンス

C = 1000 / (2πf|XC|)

|BC| = 1000 / |XC|

リアクタンス(|XC|):
Ω
周波数(f):
GHz
キャパシタンス(C):
pF =
アドミタンス(|BC|):
mS =