Silicon LabsのLTE-M用拡張ボードを使用する

Silicon LabsXBEE3 LTE-M拡張キット(画像提供:Silicon Labs)

ご利用のセンサは、人里離れた所にありますか?がらんとした空間にあるでしょうか?Wi-Fiへのアクセスがない建物の中にありますか?そのセンサデータを取得する何らかの方法が必要です。データを取得する最も容易な方法は、セルラーネットワークを介してデータを送信することです。しかし、データ無制限の高額な4Gデータプランは必要ありません。ここで役に立つのがLTE-Mとして知られる通信技術です。LTE-Mは、より低いデータ集約型帯域幅を使用するIoT向けの通信技術です。私は、Silicon LabsのLTE-M用拡張ボードを使用したプロジェクトを行っています。詳細については、こちらをご覧ください。このシンプルなプロジェクトでは、ネットワークに接続してデータを簡単に送信する方法を示しています。

著者について

Image of Ben Roloff

Digi-Key ElectronicsのアソシエイトアプリケーションエンジニアであるBen Roloff氏は、2016年以来、すべてのマイクロコントローラのニーズを満たすためにお客様を支援してきました。彼はインターネットが家の中では前代未聞だった1991年に生まれました。学年が進むにつれて、インターネットはゆっくりと広がっていきました - ある意味で、Benはインターネットと共に成長してきました。コンピュータ工学の教育を追求するように駆り立てたのは、彼のコンピュータへの興味からです。彼はサウスダコタ鉱山技術大学でコンピュータ工学の科学学士号を取得しています。

More posts by Ben Roloff