Micrium OSの事始め

Silicon LabsEFM32GG11 Giant Gecko評価ボード(画像ソース:Silicon Labs)

組み込みアプリケーションでよく利用されるアイテムにRTOSがありますが、複雑なプログラムの開発が容易になるので非常に人気があります。これは、プログラムのバックグラウンドスケジューリングや一般的な実行タスクの多くを処理してくれます。しかし、RTOSも事の始めは腰が重いものです。そこでまあ、私がお助け役をいたします。手始めに、Micrium OSのプロジェクトの説明を書きました。Micrium OSはSilicon Labs SDKに組み込まれているので、RTOSプロジェクトを始めるにはもってこいです。私の用意したプロジェクトは、自分自分のRTOSプログラムを作る方法を学ぶのに大いに役に立つと思います。詳細は、こちらを読んでください。

内容はRTOSの簡単なプログラムで、ボタンを押してLEDのオン/オフを切り替えるものです。 この記事では、RTOSを構築する方法と、RTOSプログラムに必要な基本事項のいくつかを示すことを目的としました。みなさんが自身でプログラム作り始めるのに役立つことを願っています。

著者について

Image of Ben Roloff

Digi-Key ElectronicsのアソシエイトアプリケーションエンジニアであるBen Roloff氏は、2016年以来、すべてのマイクロコントローラのニーズを満たすためにお客様を支援してきました。彼はインターネットが家の中では前代未聞だった1991年に生まれました。学年が進むにつれて、インターネットはゆっくりと広がっていきました - ある意味で、Benはインターネットと共に成長してきました。コンピュータ工学の教育を追求するように駆り立てたのは、彼のコンピュータへの興味からです。彼はサウスダコタ鉱山技術大学でコンピュータ工学の科学学士号を取得しています。

More posts by Ben Roloff