•  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

Digi‑Key IoT – 未来の洞察

LoRaWAN™のテクノロジ

LoRaWANロゴ

LoRaWAN™は、Semtech LoRa Technology for IoTデバイスおよびLoRaWANネットワークに基づくLow Power Wide Areaネットワーク(LPWA)プロトコルです。 LoRaWANの仕様では、複雑なローカルインストールを必要としない、スマートデバイス間の相互運用性が提供されます。 LoRaWANネットワークのアーキテクチャは、エンドデバイスとバックエンドの中央ネットワークサーバの間でメッセージをリレーする透過的ブリッジとしてゲートウェイを使用するスター階層トポロジに基づいています。 ゲートウェイは標準のIP接続を介してネットワークサーバに接続されるのに対し、エンドデバイスは1つ以上のゲートウェイへのシングルホップワイヤレス通信を使用します。

すべてのエンドポイント通信は一般に双方向ですが、無線経由でソフトウェアをアップグレードできるマルチキャストや、無線通信時間を短縮する他の大量分散メッセージなどの動作もサポートします。

エンドデバイスとゲートウェイの間の通信には、異なる複数の周波数チャネルとデータレートが使用されます。 データレートの選択は、通信範囲とメッセージ継続時間の間のトレードオフになります。 スペクトラム拡散技術により、異なるデータレートを有する通信は、「仮想」チャンネルのセットを作成することによって相互に干渉しないため、ゲートウェイの容量が増大します。 LoRaWANのデータレートの範囲は0.3kbps~50kbpsです。 エンドデバイスの電池の寿命と全体的なネットワーク容量の両方を最大にするため、LoRaWANネットワークサーバは、アダプティブデータレート(ADR)方式を使用してエンドデバイスごとに個別にデータレートとRF出力を管理します。

最新製品 すべてを閲覧 »

LoRaWAN™エコシステム製品リスト

リソース すべてを閲覧 »