JPY | USD

カリキュレータは、単位pF、nF、μF、F間の静電容量値を変換します。コンデンサコード変換表では、コードを調べれば静電容量が分かります。最初の2桁はピコファラド単位の値で、3桁目は乗数です。乗数がない場合、結果はpF単位の静電容量になります。

×