JPY | USD

TLV9002オペアンプ

Texas InstrumentsのTLV9002は、コスト最適化システム向けの2チャネル、1MHz、RRIO、1.8V〜5.5Vのオペアンプです

Texas InstrumentsのTLV9002オペアンプの画像Texas InstrumentsのTLV9002は、レールツーレール入出力スイング機能を備えたデュアルチャンネル低電圧(1.8V〜 5.5V)のオペアンプです。オペアンプは、低電圧動作と高容量負荷駆動が要求される煙感知器・ウェアラブル電子機器・小型家電などのスペースに制約のあるアプリケーションに、コスト対効果の高いソリューションを提供します。TLV9002の容量性負荷駆動は500pFで、抵抗性オープンループ出力インピーダンスにより、はるかに高い容量性負荷で安定化が容易になります。このオペアンプは、TLV600xデバイスに似た性能仕様を持ち、低電圧(1.8V〜5.5V)で動作するように特別に設計されています。

TLV9002の堅牢な設計により、回路設計が簡素化されます。このオペアンプは、ユニティゲイン安定性、内蔵のRFIおよびEMI除去フィルタ、およびオーバードライブ状態で位相反転がない、といった特長があります。

特長
  • レールツーレール入出力
  • 低入力オフセット電圧:±0.4mV
  • ユニティゲイン帯域幅:1MHz
  • 低広帯域ノイズ:27nV/√Hz
  • 低入力バイアス電流: 5pA
  • 低静止電流:60µA/チャンネル
  • ユニティゲイン安定
  • 内部RFIおよびEMIフィルタ
  • 1.8Vの低電源電圧で動作
  • 抵抗性オープンループ出力インピーダンスにより、より高い容量性負荷で容易に安定化
  • 拡張温度範囲:-40°C~+125°C
応用
  • 煙感知器
  • 動体感知器
  • 装着型デバイス
  • 大型・小型電化製品
  • EPOS
  • バーコードスキャナ
  • センサ信号コンディショニング
  • パワーモジュール
  • パーソナル電子機器
  • アクティブフィルタ
  • HVAC(暖房、換気、および空調)
  • モータ制御:AC誘導
  • ローサイド電流検知

TLV9002 Operational Amplifier

画像メーカー品番商品概要アンプタイプ回路数出力タイプ入手可能な数量詳細を閲覧
IC OPAMP GP 2 CIRCUIT 8SOICTLV9002IDRIC OPAMP GP 2 CIRCUIT 8SOIC汎用2レール ツー レール7862 - 即時詳細を閲覧
刊行: 2018-03-20