MultiCat電源コネクタシステムが克服する3つの課題

(画像提供:Molex

サイズ、重量、およびコスト。 設計上のこの3つの課題は、多くの場合設計上優先すべき要素が損なわれ、生産時間が増加することにつながる問題を引き起こします。競争が激しく、コストが重視される市場では、製造コスト、サイズ、重量を削減する方法が模索されており、それを実現することが製造において重要な役割を果たします。多くの企業が、該当するアプリケーション(たとえばドローンや商用車両)でコンポーネントを小型化しようとしています。Digi-Keyでは、MolexのMultiCat電源コネクタシステムを供給していますが、これは必要なスペースを減らし、生産コストを下げることによって、軽量性と全体的な信頼性を備えたソリューションを提供します。

課題

  1. サイズ制限

    電気通信や産業用オートメーションなどの多くの業界では、信頼性と高電流定格を損なわずにパッケージングを小型化することが求められています。

  2. 重量の制約

    高電力分野におけるコネクタの一般的な固定機能は、製品の重量を重くする金属材料で作られています。

  3. コスト的に非効率
  4. 競争の激しい市場では、コスト重視のOEM各社は、製造コストを削減する方法を探しています。

MultiCat電源コネクタの特長

Digi-Keyで販売促進されているMultiCat電源コネクタシステムは、前述の設計上の課題を克服するために以下の機能と利点を備えています。

軽量材料 - 顧客は、コネクタの金属化にともなう高いコストを払うことなく、優れたハウジング機能を活用できます。ハウジング部品はすべてプラスチックで作られているので、重量が低減され、顧客はスペースと重量の制約をクリアすることができます。

CPA - MultiCatハイ/ミッドパワーコネクタシステムは、コネクタ位置保証(CPA)および「カチッ」と音がする確実なロックを提供しており、これによって適切な嵌合と頑丈な保持が保証されます。また、嵌合および嵌合解除が容易になり、組み立てとメンテナンスにかかる時間が短縮され、コスト削減につながります。視覚的なインジケータで、コネクタがきちんとかみ合っているか確認できます。

ソリッドマスコンタクト - Molexのハイパワーおよびミッドパワーコンタクトは、耐久性と長寿命を提供するソリッドマス雄端子です。大きな嵌合面は最大の通電容量をサポートし、型打ちコンタクトよりも多くの電力を伝送します。

事前圧着リード - 既製の事前圧着リードで使用可能なハイパワーコンタクトは、開発および製造プログラムをサポートするように設計されています。またこれらのリードは、プリプロダクションや試作要件向けにシンプルでコスト効率の良いソリューションを提供します。

Molexのソリューション

精密加工されたコンタクトを備えたMultiCatハイ/ミッドパワーコネクタシステムは新製品ですが、他の製品と同様にMolexの信頼性と専門性が反映されています。この電源コネクタの使用によって、顧客は期待される機能(スクーププルーフ構造、雄雌同体型のバックシェル、キーイング/カラーリングのオプション、分極)を当てにすることができ、OEM各社が直面する課題を克服する新機能として信頼され得ます。

競争の激しい業界では、品質、時間、費用という要素によりメーカーが生産に最適なバランスを見つけるのが難しくなっており、サイズ、重量、およびコストは設計や生産において重要な役割を果たします。MultiCatハイパワーおよびミッドパワーコネクタの導入をDigi-Keyで検討してください。これは、さまざまな業界でOEM各社が遭遇するサイズ、重量、コストの課題を克服するために設計された堅牢なシステムです。

著者について

Image of Kathy Hutton

Digi-Key ElectronicsのプロダクトマネージャであるKathy Huttonは、2003年からDigi-Keyに勤務しており、相互接続、受動部品、および電気機械製品の責任者です。彼女は豊富な製品知識で販売を促進するのを助けるために、エンジニア/お客様(内部と外部の両方)と毎日連絡しています。Kathyは、電気/自動化の技術学位を取得し、製品管理での役割を担う前はDigi-Key Applications Engineeringチームの一員でした。仕事以外では、彼女は競争と水上での楽しみの両方に熱心な漁師です。

More posts by Kathy Hutton