JPY | USD

優れた圧着工具の重要性

電気コンタクトは、最もシンプルなMolex KKプラグから最も複雑な車載用レセプタクルに及ぶあらゆるコネクタの中で最も重要な部分です。コンタクトが最高の性能を発揮するためには、コンタクトが正しく終端されていることが非常に重要です。

ほとんどのケーブルアプリケーションでは、ユーザーは圧着かはんだ付けかの選択を迫られます。圧着は20世紀半ばから一般的に行われており、次のようないくつかの重要な利点をユーザーに提供します。

(画像提供:Molex)

(画像提供:Molex)

1.信頼性:よくできた圧着終端は、優れた導電性と信頼性の高い機械的接合を実現します。終端部は、使用中の損傷の可能性を防ぐために、電気抵抗を最小限に抑えながら、可能な限り高い強度を維持しなければなりません。

2.操作性の良さ圧着端子には操作性を考慮した専用工具を使用します。これらの手工具は現場や作業場の環境で使用できるため、困難な条件下で作業をしなければならない作業者に最適です。はんだ付けとは異なり、圧着は高温や潜在的に危険な物質を必要としないため、手の届きにくい場所でも理想的なソリューションとなります。

3.再現性:はんだ付け作業とは異なり、圧着には作業者の効率性にメリットがあります。適切な圧着工具を使用することで、専門的なはんだ付け技術を必要とせずに、一貫した終端を行うことができます。はんだごての操作よりも少ないトレーニング量で圧着工具の操作を習得できるため、組立作業者は学習よりも作業に集中することができます。

正しい組み合わせ

理想的な圧着接合部は、低電気抵抗と良好な機械的強度を兼ね備えています。これを実現するために、ケーブルのワイヤは圧着端子内で圧縮され、最高の導電性を発揮します。圧着プロセスでは、気密性の高い接合部が形成されるようにワイヤのストランドを変形させます。これは、電気コンタクトのための最大の表面積を提供するだけでなく、酸素や水分がワイヤと端子の金属に到達するのを防ぎ、腐食の可能性を減少させます。

圧着プロセスでの圧縮が不十分であると、このような気密性の高いシールが得られません。つまり、接合部の電気抵抗が高くなりすぎて効率が悪くなります。これは、特に電源回路に使用される端子の場合、危険な状態になる可能性があります。電気抵抗が高い端子は、十分な電力が流れると過剰な熱を発生させます。極端な場合には、コネクタの安全な使用温度を超えることがあり、プラスチック部品の溶融から火災の原因になる可能性があります。

端子の電気的特性に加えて、機械的強度を考慮することが重要です。圧着プロセスでは、ワイヤが端子内にしっかりと固定されていることを確認し、設計された用途に耐えられるようにします。接合部の圧縮が不十分な場合、ワイヤを端子内に保持する力が十分でなく、ワイヤが抜け落ちたり、引き抜かれたりするのを防ぐことができません。一方、ワイヤを圧縮しすぎると、ワイヤの機械的強度が弱くなり、端子を損傷する可能性があります。そのため、同様の問題が発生する可能性があります。

したがって、理想的な機械的強度で最高の電気的接続を確保するためには、端子を適切な力で圧着することが不可欠です。Molexのようなメーカーはこのことを理解しており、新しい電気端子の開発は工具の開発と密接に関連しています。

(画像提供:Molex)

システムの一部

実際には、端子自体は、ワイヤ、端子を取り付けるコネクタ、端子を終端するために使用する圧着工具を含むシステムの一部に過ぎないと言えます。これらの要素が1つでもなければ、システムは正しく機能しません。

このシステムの中で最も高価な部分かもしれませんが、専用の圧着工具の価値は、シンプルで簡単に使える一方で、いくつかの複雑な操作を実行できるように作られている点にあります。 圧着工具のジョーは、気密性の高いシールを実現するために、端子とワイヤの両方の金属を成形します。同時に、誤差を最小限に抑えるために、圧着時にワイヤを理想的な位置に保持するポジショナが設計されています。この精度は、端子と連動して設計された専用の圧着工具があってこそ得られるものです。

ただし、圧着工具にはジョーとポジショナの他にも重要な特長があります。作業者の利便性と快適性は適切な工具を選択する際の重要な考慮事項であり、Molexの圧着工具はこの点を考慮して作成されています。Molexが提供する工具の多くは、高い柔軟性と価値をユーザーに提供するために、交換可能なダイを備えています。一部の工具では、左手で操作できるように方向を変更することもできます。Molexの専用圧着工具が提供する機能の詳細については、このビデオをご覧ください

圧着工具を賢く選択

圧着終端は、あらゆるアプリケーションに信頼性の高い堅牢な電気接続を提供します。 しかし、圧着端子は完全なシステムのほんの一部に過ぎないことを覚えておくことが重要です。正しい圧着工具がなければ、システムは最適に機能せず、ケーブル終端の品質も最適ではないかもしれません。 アプリケーションに適した圧着工具を選択することで、メーカーの専門知識を活用し、ケーブルの終端を長年にわたって安全かつ確実に行うことができます。Digi-Keyの専用アプリケーションツーリングページで、最新のMolex圧着工具をご覧ください。

著者について

Image of David Pike

David has spent nearly 30 years in the interconnection marketplace, working with manufacturers and distributors. Well known throughout the industry for his passion and enthusiasm, his online name is Connector Geek.

More posts by David Pike