予知保全

24時間年中無休の予知保全で計画外のダウンタイムを削減

レガシーであろうと新しいものであろうと、産業機器はその寿命を最大化するために適切なメンテナンスを必要とします。機器の老朽化は、計画外のダウンタイムの最大の原因の1つであるため、高いメンテナンスコストを支払っているメーカーは、新しい戦略の恩恵を受けることができます。従来の予防保守方法はスケジュールされた間隔で行われ、熟練労働者は時間のかかる手動プロセスを完了する必要があります。検査日の間に発生する問題は見過ごされ、企業は機器を時期尚早に交換する可能性があります。

一方、予知保全とは、継続的な監視を通じて機器の状態を評価するなど、予防的な戦略です。目標は、リアルタイムデータを使用してコンポーネントの障害を早期に特定し、計画外のダウンタイムを削減し、コストのかかる修理を回避することです。

ホワイトペーパーをダウンロードするNPIブログを見る

予知保全インフォグラフィック
S8VK-X電源

S8VK-X電源

この単相電源は、異常なDC負荷状態を検出し、電源負荷状態に基づいて残りの電源寿命を計算します。そのユーザーフレンドリーなローカルディスプレイは、簡単なステータスの視覚化を提供し、付属のPC監視ソフトウェアを使用したリモート監視を可能にします。

K6CMモータ状態モニタ

K6CMモータ状態モニタ

K6CMは、3相誘導モータの状態を定量化する機能を備えた最新のモータ状態監視デバイスです。内蔵のEtherNet/IPおよびModbusTCP通信を使用すると、選択したモデルに応じて、モータ電流、振動と温度、または絶縁抵抗をリモートで監視できます。K6CMは、24時間年中無休の監視を提供し、複数のチェックを実行してユーザーに異常を警告することにより、モータの障害を防ぎます。このデバイスにより、ユーザーは予知保全を実行し、問題に迅速に対応し、運用コストを削減できます。

K6PM熱的条件モニタ

K6PMは、熱画像センサを使用して経時的な温度偏差を分析し、異常が深刻になる前に検出します。そのデジタルディスプレイとアラームバーにより、あらゆる経験レベルのオペレータが問題に対応できます。