すぐに使える(OTS)ケーブルアセンブリ

ケーブルアセンブリ

ケーブルアセンブリの試作には、端子を圧着する工具が必要です。 したがって、ULテスト用のシステムを試作するために生じるコストが高額になる可能性があります。 Molexのすぐに使える標準ケーブルアセンブリは、IPC仕様設計に適合する完成したアセンブリを提供することにより、工具の初期コストを解決するのに役立ちます。

試作が完了したら、通常、お客様は図面を作成し、最終製品向けのケーブルアセンブリを製作するサプライヤを見つけるためにリソースを割り当てる必要があります。 Molexは、ワンソースソリューションを提供するために、すぐに使えるディスクリートケーブルアセンブリを設計しています。これにより、お客様の設計要件や、アセンブリを構築する別のベンダーを見つける必要性が排除されます。

さまざまなコネクタの課題は、コネクタの誤嵌合、端子バックアウトや、その他のアセンブリエラーなど、最終製品の故障を招く可能性があります。 PicoBlade、Micro-Fit *、Mini-Fit Jr.、Ultra-Fitパワーコネクタは、誤嵌合を防止し、端子のバックアウトを低減し、組み立て時の作業者の疲労を軽減するためのプレミアムハウジング機能を備えています。

 

特長および利点

一連のMolexコネクタを備えたディスクリートケーブルアセンブリはすぐに使用可能

  • 開発および生産プログラムをサポートするように設計
  • マルチカラーケーブルは、正しい接続を確保

現在のケーブルアセンブリ業界標準に適合

  • 高品質を確保
  • 現在の自動車業界標準に適合

2011/65/EU RoHS対応

  • エンジニアリングの時間およびリソースを低減

UL 1061およびUL 1007ディスクリートワイヤ

  • 電子機器アプリケーションですぐに使用可能
  • 設計、試作、および生産が容易

レセプタクルからPCBヘッダまでのピン~ピンマッピング

  • すぐに使用できるプラグアンドプレイ接続を提供
日本語  |  English