ProductHighlights

Analog DevicesのIoTとモノのインテリジェンス

最も基本的な意味でのモノのインターネット(IoT)は、世界と毎日の機能を接続する方法です。 IoTが時間の経過とともに変化するにつれて、センス、測定、解釈、接続、そして電源管理の5つの異なるセクションに分けられます。

全体のプロセスは、光、熱、振動などの何かを感知してから、データを生成するために測定することで始まります。 データは何を意味するのでしょうか? データ自体は意味を持たず、解釈する必要があります。 この時点で、解釈されたデータは、分析され、学習するために世界に接続することができます。 最後に、学習した内容に基づいてコマンドを実行したり送信する必要があります。 Analog Devicesは、今日のIoT世界に最適な、センシング、測定、解釈、接続、および電力管理部品の多数のポートフォリオを提供しています。 温度、光およびMEMSセンシング製品をチェックしてください。 測定用には、広範囲の統合型アナログフロントエンド(AFE)、コンバータ、アンプ、リファレンス、およびスイッチ/マルチプレクサがあります。

ADIには分析用に、Blackfin®低電力DSP、マイクロコントローラ、および最新のARM® Cortex®-M3技術を搭載したプロセッサがあり、お客様のデータの大量解釈を実行することができます。 お客様の世界をクラウドに接続するには、狭帯域からサブGHz ISM帯域までの、長距離および/または高データレート用の無線/トランシーバ製品の幅広いポートフォリオがあります。 多くのIoTアプリケーションはリモート、モバイルまたはワイヤレスであるため、効率的な電力管理が欠かせません。 環境発電は今や実行可能な選択肢であり、組み込むことができるので、バッテリの用途をはるかに広げます。 Analog DevicesのIoT対応部品の豊富なポートフォリオをご覧ください。

 

センシングはIoTでのデータの発祥地です。 同社の高性能センシングポートフォリオは、精度、電力効率と堅牢性を兼ね備えており、最初から最高レベルの完全性を確保します。

  • MEMS慣性
  • 光学
  • 生体電位
  • インピーダンス
  • 温度

測定

同社の堅牢なシグナルコンディショニング技術は、最も感度の高い信号を有用なデータに変換し、お客様が直面する最も困難な測定問題を解決する上で重要な役割を果たします。

  • 統合型AFE
  • コンバータ
  • アンプ
  • リファレンス
  • スイッチ/マルチプレクサ
  • 電源管理

解釈

同社のプロセッサは、接続されたソリューションの頭脳であり、ハードウェアと高度なアルゴリズムを組み合わせて、IoTソリューション向けにインテリジェンス、機能、ローカライズされた意思決定を提供します。

  • 超低電力マイクロコントローラおよびプロセッサ
  • 統合された高精度マイクロコントローラおよびプロセッサ
  • Blackfin®低電力DSP

接続

同社のIoT無線製品は、多数のワイヤレスプロトコルおよび範囲要件にわたって、電力効率、信頼性、および柔軟性を確実にします。 これらは、情報の適時性と信頼性が重要なアプリケーションで、堅牢なネットワークを可能にします。

  • 長距離無線トランシーバ
  • 高データレート無線トランシーバ
  • 統合型無線/マイクロ

IoTにおける電力管理

多くのIoTアプリケーションはワイヤレス、リモート、またはモバイルソリューションを必要とするため、電源管理はシステム設計の主要な課題となります。 バッテリ寿命は所有コストに大きな影響を与える可能性があり、時には生存率の障壁となることがあります。 Analog Devicesは電源管理にシステムレベルのアプローチを採用しています。 これは何を意味するのでしょうか?

  • 環境からの電力供給源となる環境発電技術
  • クラス最高のベンチマークスコアを達成する超低電力製品
  • コンポーネントレベルで組み込まれたシステムレベルの電源管理機能
  • 低電力システムに関する比類のない設計ノウハウ
日本語  |  English