KiCadファンの私たちがKiCon 2019をお勧めする理由

私たちがオープンソースEDAソフトウェアKiCadの大ファンであることはよく知られています(ここここ、そしてここを参照)。そこでDigi-Keyは、4月26日~27日にシカゴで開催のKiCon 2019のスポンサーを務めることになりました。

この初開催のカンファレンスは、米国のユーザーが長らく待ちわびてきたイベントです。RFレイアウト、KiCadのヒントやコツ、マルチユーザープロジェクト、ライブラリやフットプリントへの対処、プロジェクトの販売など、さまざまなトピックをカバーする素晴らしい講演があります。プロジェクトリーダーのWayne Stambaugh(ウェイン・スタンボー)を含む数名の開発者から、KiCadの現状や今後についての最新情報を聞くことができます。

当社のReid Landsrud(レイド・ランドスラッド)も「Building the Digi-Key KiCad Library(Digi-Key KiCadライブラリの構築)」と題する講演を行い、ライブラリの構築方法、直面した課題、今後の展望について説明します。

さらに、コンテスト、開発者との討論会、およびハードウェア設計とKiCadの使用に関する知識を深めるハンズオンデモが予定されています。

これは、あらゆる種類のEDAまたはレイアウト作業に携わる人にとって素晴らしいカンファレンスになります。また、次のプロジェクトを計画するのに役立つアイデアを得られる可能性もあります。

現在KiCadのユーザーでない場合はどうですか?まったく問題ありません!出席者は、PCB設計、ハードウェア作成、市場向けの製品開発に関する全般的な概念を得られます。スペシャルゲストとして、世界中のハードウェアおよびソフトウェア開発者が参加します。これには、スイスのCERNから参加する主要KiCad開発チームのメンバーも含まれます。

Digi-Keyの社員も大勢参加する予定です。ぜひチケットを入手し、シカゴで開催されるKiCon 2019に参加してください。そこでお会いできるのを楽しみにしています。

著者について

Image of Jeremy Purcell

Jeremy Purcell(ジェレミー・パーセル)は、デジタル設計ツールのプログラムマネージャで、ツールプロバイダの参入交渉や設計アセット戦略の策定を担当しています。2006年にDigi-Keyに入社し、シニアアプリケーションエンジニアとして、顧客基盤の情報共有や事業内での顧客エンゲージメントに関するいくつかのキャンペーンに携わってきました。ジェレミーは、ファーゴのノースダコタ州立大学で電気工学の理学士の学位を取得しています。彼は、毎年夏に数週間、蒸気機関のトラクションエンジン車をいじくり回して動かし、1年の残りはそれについて思い馳せます。

More posts by Jeremy Purcell(ジェレミー・パーセル)