Design Tools
今すぐお試しをのボタン

Scheme-it –

回路図とブロック図の作成はこんなに簡単!

Scheme-itは無償のオンライン回路図およびダイアグラム化ツールで、誰でもが電子回路図を設計し、共有することを可能にします。 このツールには、包括的な電子シンボルライブラリおよび統合されたDigi-Keyのコンポーネントカタログが含まれており、広範な回路設計を可能にします。 加えて、内蔵の材料表マネージャは設計で使用された部品の記録を付けることを提供します。 回路図が完成すると、ユーザーはそれをイメージファイルにエキスポートまたは他の人とEメールを介して共有することができます。 Scheme-itは、何らのプラグインを使用することなしに、全ての主要なブラウザでそのまま動作します。 登録済ユーザーのみが設計を共有し保存できます。

ビデオチュートリアル

    回路設計

    回路設計

    電子回路および技術ダイアグラムを設計し共有

    部品表マネージャ

    部品表のアイコン

    Digi-KeyのBOMマネージャで各設計で使用される部品を管理

    Digi-Keyカタログ

    カタログのアイコン

    統合された電子シンボルライブラリおよびDigi-Keyのコンポーネントカタログを活用

    特長
    • ブロック、アイコン、システム、または回路図レベルでダイアグラム作成が可能
    • 700以上の一般的なシンボルのライブラリ、およびカスタムシンボルの作成を提供
    • 内蔵のDigi-Keyカタログ機能を介して、400万点以上の部品にアクセス可能
    • 設計を非公開または公開し、リンクを介して共有し、ウェブページ、ブログや電子メールに組み込むことが可能
    • 部品リスト(BOM)のインポート機能で迅速な設計が可能
    • 部品リストや見積依頼の機能を内蔵
    • PDFまたはPNGファイルにエクスポート可能
    • 部品選択作業を支援するDigi-Key技術サポートへの直接リンクを提供

    Q)Scheme-Itの値段はいくらですか? どういったライセンスオプションがありますか?

    A)Scheme-Itは、お客様がご自由に使用できるツールで、無償でご利用いただけます。 Scheme-Itには「ライセンス」はありません。法的な複雑な関係なしに、回路図、フローチャート、図表や、ビジネスに必要な何らかのもの、またはお客様が抱えているすべてのプロジェクトを設計するために使用することができます。 ご自身でScheme-Itへのアクセスを販売しようとされない限り、ご利用いただけます。


    Q)外出先やオフラインで使用できるために、どのようにしてScheme-ItをPCにダウンロードできますか?

    A)Scheme-Itはお客様のブラウザを使用してご自由に使用することができ、Digi-Keyのウェブサイトから容易にアクセスできます。 残念ながらこのプログラムはオフラインで使用するためにダウンロードすることはできません。インターネットに接続されたブラウザで当社のサーバから実行されます。


    Q) どのようにしてScheme-Itワイヤの色を変更できますか? 接地と異なる電圧用に、違った色を使用したいと思います。

    A)残念ながら、現時点ではScheme-Itのワイヤの色を変更する方法はありません。 ワイヤは他の部品と同様にラベル付けすることができますが、色を変更することはできません。


    Q)「接地」はどこにありますか? 見つけることができません!

    A)Scheme-Itでは、接地はポートと考えられています。 Schematic Symbols > Portsと移行すると、幾つかの接地オプションが見つかります。


    Q)どのようにして回路図にテキストを追加できますか?

    A)2つの方法があります。 一番上のUndo/Redoの曲がった矢印の右隣のツールバーに、「Insert」ドロップダウンキーがあります。 回路図内に画像、ウェブリンクや、テキストボックスを挿入するためにこのキーを使用することができ、他の部品のように必要に応じてサイズを変更したり、周辺を移動したりすることができます。 現在、Insertメソッドは、単語「HEADING」を持つテキストボックスを表示し、多くのラテン語が続きます。 ラテン語が表示された場合、正しい場所にいます。

    また、Diagram Symbols > Basic Shapesにも「Label」アイテムがあり、ラテン語なしで「Insert」テキストボックスとほぼ同じように動作します。 ここでも、ラベルを移動し、必要に応じてサイズを変更することができます。


    Q)IC用の回路図シンボルはどこにありますか?

    A)ほとんどの特定のICはScheme-Itの回路図にドロップインできる独自のアイコンを持っていません。 代わりに行うことができることは、カスタムシンボルシステムを使用して独自のICを構築することです。 Custom Symbols > Symbol Primitivesに移動すると、部品本体の異なる形状や、上部/下部/左/右の脚が表示されます。 本体は回路図にドラッグすることができ、脚はカスタム部品本体上の適切な位置にドラッグすることができます。 このシステムを使用して、必要とするほとんどすべてのIC回路図シンボルを作成することができます。


    Q)どのようにして「モノ」を編集できますか?

    A)Scheme-Itの任意のオブジェクトに対して、プログラムのインターフェイスの右側に、そのオブジェクトに関連するタブを持つプロパティメニューがあります。 電子デバイスは、名前を付け、参照番号を付与し、値を調整したりすることができ、メーカー、MPN、DKPNや、他の有用なちょっとしたツールを指定する領域を有しています。 ラベルやフローチャートブロックのようなものは、フォントや色を調整することができるだけでなく、必要に応じてサイズを変更したり、周辺で反転させたりすることができます。


    Q)Scheme-Itで描いた回路図だけを印刷する方法がありますか? 印刷しようとすると、非常に大きな白紙が印刷され、作成した回路は隅に小さく表示されるだけです!

    A)お客様の回路がScheme-Itの描画スペース全体を使用するのに十分大きくない限り、Scheme-Itから直接印刷することは現時点では推奨されていません。 代わりに、お客様の図表をPDFとしてエクスポートし、印刷することを推奨します。 Scheme-Itのトップのツールバーの「Export」コマンドで開始し、エクスポートタイプを「Document (PDF)」に設定します。次に、PDFオプションでExport Areaドロップダウンメニューを「Active Area」に設定します。 これにより、お客様の回路のみのPDFドキュメントが作成され、Scheme-Itの残りの描画領域を含まない印刷用のドキュメントが完成します。