JPY | USD

TCタイプMAチップサーミスタ

断続的および連続的の両方の患者体温監視向けに設計された、Amphenol Advanced Sensorsの生体チップサーミスタ

Amphenol Advanced Sensorsが提供するTCタイプMAチップサーミスタの画像 Amphenol Advanced Sensorsの生体チップサーミスタアセンブリは、断続的および連続的の両方の患者体温監視アプリケーション向けに設計されています。 再現性および高速応答は、口腔内および直腸内発熱測定に関連する断続的体温測定要件だけでなく、誘導された低体温および一般的な麻酔中、または乳幼児や早産児の診療時に頻繁に必要とされる継続的な監視にも不可欠です。 また、集中治療室では、回復室とともに、生命兆候の監視手順の一部として患者体温を採用しています。 皮膚表面、鼓膜、食道、フォーリーカテーテル、および生体フィードバックアプリケーション向けの体温監視はまた、Thermometricsの各生体アセンブリに組み込まれた高い安定性、および互換性がある小さな許容誤差により、向上しています。

低コストであるにもかかわらず、これらの非常に安定した高精度サーモチップは、多くの場合に求められる信頼性、互換性がある小さな許容誤差、ジオメトリ、および高速応答時間を提供します。 Thermometricsは、新規および既存のアプリケーションに関するお客様の設計要件サポートに限らず、お客様の各種お問い合わせを歓迎する経験豊かなアプリケーションエンジニアを採用しています。

定期的な連続した患者体温監視は現在、患者の皮膚部位を体温のインジケータとして用いるといった利便性を使用することで、実行可能になっています。 使用されるステンレス鋼ハウジングは、患者の快適性を最大限に維持するとともに、再使用可能と使い捨て可能の両方のアプリケーションに好適です。

カテーテルアセンブリでの使用向けに設計されたこれらのセンサは、77°F(25°C)時で2252、3000、5000、および10,000Ωの公称抵抗値で入手できます。 製造プロセスの綿密な監視により、Amphenol Advanced Sensorsは量産時に、互換性がある小さな許容誤差を維持することが可能です。

断続的な体温測定は、患者診療のあらゆる段階で一般的に行われています。 このアセンブリは、現在使用されている、使い捨て可能カバー付きの口腔内および直腸内発熱体温計に最適です。 この製品は、先端が敏感なシャフトアセンブリを備えた堅牢な構造を特長としています。

TC Type MA Chip Thermistors

画像メーカー品番商品概要抵抗許容差入手可能な数量
THERM NTC 10KOHM 3969K PROBEMA100GG103BTHERM NTC 10KOHM 3969K PROBE±0.1°C1224 - 即時詳細を閲覧
THERM NTC 10KOHM 3969K PROBEMA100BF103BNTHERM NTC 10KOHM 3969K PROBE±0.1°C1669 - 即時詳細を閲覧
THERM NTC 10KOHM 3969K PROBEMA100BF103BTHERM NTC 10KOHM 3969K PROBE±0.1°C974 - 即時詳細を閲覧
THERM NTC 10KOHM 3969K PROBEMA100GG103BNTHERM NTC 10KOHM 3969K PROBE±0.1°C2699 - 即時詳細を閲覧
THERM NTC 10KOHM 3969K PROBEMA100GG103CTHERM NTC 10KOHM 3969K PROBE±0.15°C2647 - 即時詳細を閲覧
刊行: 2013-07-23