Node-REDを備えたNCD空気質センサの使用

世界が正常化に向けて動き始めている中で、職場での安全性にかつてないほど注目が集まっています。技術の進歩によって、職場での安全を以前より容易に実現できるようになりました。安全の重要な要素として、空気質が挙げられます。NCD(National Control Devices)は、空気質の監視に役立つ装置を提供しています。これは堅牢な記録と制御の自動化ソリューションであり、素早く簡単な設定が可能です。

NCDのIoTエッジコンピュータ。(画像提供:National Control Devices)

このソリューションはもともと、同社の安全コンサルタントが生産施設の空気質を監視できるように設計されました。複数のはんだ付け装置が同時に稼働しているため、空気質が良くない可能性があります。室内では呼吸用保護具の装着を求めていましたが、それが本当に必要かどうか判断するための手段を必要としていました。IoTエッジコンピュータ空気質センサ4チャンネルリレーコントローラという3つの製品を作動させる必要がありました。IoTエッジコンピュータは、システムの脳および保管庫として機能します。これは、Node-REDが事前にインストールされた小型のLinuxコントローラです。この空気質センサは、小型のバッテリ駆動デバイスです。屋内で1000フィート、屋外では2マイルの動作範囲を備えた900MHzの無線プロトコルを基盤として動作します。側面の空気孔はファンによって機能し、さらに排出ポートによって現在の空気サンプルの持続的な流れを確保します。センサによって空気中のさまざまな粒子を監視できますが、最も一般的に計測されるのは2.5ミクロンのものです。また、湿度、温度、CO2も監視します。4チャンネルリレーコントローラは4つのリレーを備えており、こちらも900MHzで動作します。

これら3つの製品を入手すれば、NCDインターフェースを使用して簡単に設定できます。ユーザーはインターフェースにより、パラメータの設定、IoTエッジコンピュータの表示、プログラミング、センサのデータ履歴の表示を行えます。Node-REDが事前にインストールされているため、プログラミングする際は、タブをクリックしてプログラミングを開始するだけです。完全にプログラミングおよびインストールされたら、インターフェースですべてのセンサの読み取り値を確認できます。これらの値には、バッテリレベルモニタが含まれます。

完全に独立したこのシステムはクラウドを必要とせず、空気質の監視で優れた性能を発揮し、設定も簡単です。NCDとDigi-Keyによるスマートシティへの取り組みの詳細については、三部からなるビデオシリーズをご覧ください。

著者について

Image of Travis Elliot

Travis Elliot is development/support engineer at National Control Devices (NCD), an electronics development company located in Osceola Mo. Travis started at National Control Devices in high school when he worked mainly in PCB manufacturing/assembly.  In 2010 he transitioned into a sales/support position. Travis started working in product and software development in 2012 where he developed Android and iPhone applications for NCD’s products. Currently, Travis works mainly in firmware development, however he also develops in many languages including NodeJS, Python, C++, etc. Some of his development projects include the Enterprise Gateways for AWS, Azure, and MQTT, the IoT Edge Computer, several Mirror series products, and many software resources for users. Travis has been on a great journey while growing up with NCD. He’s always excited to see what will be created next and to look forward to the adventure.

More posts by Travis Elliot