JPY | USD

CMEおよびCMRシリーズ DC/DCコンバータ

Murata Power Solutionsは、1W未満のアプリケーション向けにより低電力で低コストの0.75W CMEおよびCMRシリーズを提供

Murata Power Solutionsが提供するCMEおよびCMRシリーズ DC/DCコンバータの画像Murata Power SolutionsのCMEおよびCMRシリーズは、業界標準ピン配列を使用した業界標準パッケージで費用効果の高い0.75WのDC/DCコンバータシリーズです。 1WのDC/DCコンバータのより低い電力代替品として、一般的な入力および出力電圧が入手可能です。 ガルバニック絶縁により、このデバイスは、正のレールのみが存在するシステムにおいて、絶縁された負のレールを提供するように構成することができます。 広い温度範囲は、–40°Cからのスタートアップ、および85°Cで0.75Wの全出力を保証します。

CMEシリーズは、3.3Vおよび5Vの利用可能な入力電圧と、3.3V、5Vおよび12Vの出力電圧を備え、SIPとDIPの両方のパッケージオプションで提供されます。

CMRシリーズは、1kVDCまたは3kVDCの絶縁オプションを持つシングルおよびデュアル出力で入手でき、5V、12Vまたは24Vの入力電圧を備え、SIP7パッケージで提供されます。

CMEシリーズの特長 CMRシリーズの特長
  • シングル絶縁型出力
  • 1kVDCまたは3kVDCのオプション
  • 1Wの全負荷での広い温度性能、-40°C~85°C
  • 業界標準のピン配列
  • 3.3Vおよび5V入力
  • 3.3V、5Vおよび12V出力
  • LME、MEE1、MEE3、NKE、NME、およびNMLシリーズとピン互換性あり
  • シングルまたはデュアル絶縁型出力
  • 1kVDCまたは3kVDCのオプション
  • 1Wの全負荷での広い温度性能、-40°C~85°C
  • 業界標準のピン配列
  • 5V、12Vおよび24V入力
  • 5V、12Vおよび15V出力
  • NMR、MER1、MMV、MEV1、NMK、MEV3、およびNMVシリーズとピン互換性あり

刊行: 2014-04-10