JPY | USD

DigiPyro®、DigiPile™、CaliPile™、およびSMT 905nmパルス半導体レーザー

Excelitasは、技術を革新するための広範なセンシング製品およびソリューションを提供

Excelitasが提供するDigiPyro、DigiPile、CaliPile、およびSMT 905nmパルス半導体レーザーの画像ExcelitasのDigiPyro 1500検出器シリーズは、電力節約を促進し、耐用年数を延ばすためのウェイクアップ/スリープモードを備えているため、長時間のバッテリ駆動のモーション検出に最適です。継続的なモーションセンシング、信号処理およびイベント/モーション検出は、低電力のDigiPyroでオンボードで処理され、ホスティングマイクロコントローラは省電力モードに設定できます。モーションの検出時にのみ、プログラムされた設定に従って、低電力DigiPyroはウェイクアップするようにマイクロコントローラに信号を送信します。

DigiPileは、デジタル出力を備えたサーモパイル検出器で、実証済みのMEMSベースのセンシング素子を、完全に統合された低ノイズアンプ、A/Dコンバータ、統合型周囲温度センサ、内部クロック、および制御ユニットと組み合わせているため、DigiPileは、高価な追加コンポーネントを必要とせずに、外部マイクロプロセッサとのダイアログを開くことができます。

CaliPile IRセンサシリーズは、モーションを検出し、存在をモニタし、温度を測定できる初のサーモパイルベースのIRセンサで、これらをすべて1つのコンパクトで統合が容易なコンポーネントから行うことができます。設計技術者の視点から見ると、ユニークなI2Cインターフェースは、システムレベルの統合を合理化し、センサをホストデバイスのマイクロプロセッサに直接接続します。これにより、時間的制約のある民生用製品分野での迅速な開発と統合が可能になります。CaliPileは、高度に感度の高い赤外線検出器と関連する電子回路を含む高度なインテリジェントIRセンサ群を表します。ユーザーが異なる動作モードを選択できる選択可能な周波数フィルタおよびレベルで、CaliPileはモーション検出、存在検出、および温度測定に最大の柔軟性を提供します。

面実装905nmパルス半導体レーザーは、発光ソースのサイズを集中させ、3つの発光有効領域を作成する多空洞層を有しています。平均して、これらの領域は、30Aでの動作時に70Wのピーク光出力電力を生成します。レーザーは、温度で熱管理および電力安定性を提供するリードレスラミネートキャリアであるFR4基板に実装されます。

DigiPyro 1500検出器シリーズの特長 DigiPyro 1500検出器シリーズのアプリケーション
  • バッテリ駆動のモーション検出
  • わずか1.8Vで検出範囲および感度を向上
  • IPカメラ
  • ワイヤレス侵入アラーム
DigiPileサーモパイル検出器シリーズの特長 DigiPileサーモパイル検出器シリーズのアプリケーション
  • 信頼性の高いデジタル設計機能対アナログ
  • PCBスペース要件を低減
  • 温度測定
  • 高温測定
  • 非接触、高精度温度センシング
CaliPile IRセンサシリーズの特長 CaliPile IRセンサシリーズのアプリケーション
  • 3つの異なる動作:モーション検出、検出検出、および温度測定
  • カスタム動作を達成するために、異なる動作モードを選択するための選択可能な周波数フィルタおよびレベル
  • I2Cインターフェース
  • 短距離の存在検出
  • 非接触温度測定
  • 過熱保護
面実装905nmパルス半導体レーザーの特長 面実装905nmパルス半導体レーザーのアプリケーション
  • 多空洞用レーザーは、発光ソースのサイズを集中
  • 量子ウェル構造
  • 開口部に高ピークパルス電力
  • LIDAR
  • 範囲検出
  • 安全光カーテン

DigiPyro, DigiPile, CaliPile, and SMT 905 nm Pulsed Semi Lasers

画像メーカー品番商品概要入手可能な数量詳細を閲覧
LOW POWER DIGIPYRO MOTION SENSPYD 1588LOW POWER DIGIPYRO MOTION SENS0詳細を閲覧
LOW POWER DIGIPYRO MOTION SENSPYQ 1548/7660LOW POWER DIGIPYRO MOTION SENS0詳細を閲覧
刊行: 2017-05-30