偽装品に対するDigi-Keyの方針

目的

厳格な回避策、影響緩和策、および処分手続きの実施による、当社サプライチェーン内への偽造品流入の防止

規格

Digi-Keyは、製品管理、仕入先管理、調達、および対応策にかかわる要件、慣行、手法を作成し、偽造エレクトロニクス部品規格であるSAE AS5553の趣旨を遵守します。

製品の購入

お客様やディストリビュータが低価格な代替供給源を確保する中で、お客様のサプライチェーンにおける偽造品に対する懸念が高まっています。Digi-Keyは当社のお客様に対して最高品質の製品のみを調達することに全力を尽くしています。Digi-Keyは、製品の購入元を当社の認定メーカーおよび仕入先に限定することにより、新品かつ本物の製品を、供給元による完全保証付きで、確実にお客様にご提供し、正確で最新の技術情報を常にご用意しております。Digi-Keyでは認定メーカーおよび仕入先以外の供給元から製品を購入することはございません。Digi-Keyでは、再販を意図した中古製品も取り扱いません。認定メーカーや仕入先は、継続的にGIDEP(政府-企業間データ交換プログラム)による製品の警告、および仕入先の品質データの調査により過去の実績を精査されています。

製品のトレーサビリティ

Digi-Keyは、認定仕入先から購入したOEM製品へのトレーサビリティを維持し、必要な文書保管期間中に発注書原本やその他の受領書類(メーカーの適合証明書を含む)を保管します。

製品の返品

Digi-Keyでは以下を含む厳格な返品方針を遵守しています。

  • ご注文の発注日、品番、数量などの情報を確認し、製品がDigi-Keyからお客様のもとに届くまでのトレーサビリティを確保
  • 受け入れ検査の実施により、すべての部品に損傷がなく、出荷時の包装状態のままであることを確認
  • 静電気試験と湿度試験を実施し(該当する場合)、必要に応じて再焼成
  • メーカーのパッケージが破損している場合は、Digi-Keyのプロダクトマネージャーが購入元のメーカーと協力し、
    さまざまな認証手段を用いて正規品であることを再確認
上記の基準を完全に満たした部品のみ、在庫への返品が認められます。

報告

Digi-Keyは、すべての偽造品事件を、必要に応じて内部組織、メーカー、お客様、GIDEP、および刑事捜査当局に報告します。