Digi-Key部品検索の効率的な利用法

著者 Rich Miron , Brian German

Digi-Key Electronics の提供

エレクトロニクス製品の部品検索は、場合によっては一筋縄ではいきません。ディストリビュータによっては、希望のシリーズを提供していても特定のデバイスが見つからなかったり、デバイスが見つかっても設計に必要な補助部品が入手できなかったりすることがあります。また、必要な時に部品が在庫切れになっている可能性もあります。

Digi-Keyは業界最大規模の在庫品揃えを誇り、注文を受けたその日に出荷することが可能です。Digi-Keyの部品検索データベースは、必要な部品を素早く見つけるための強力なツールです。もちろん、似たような部品がありすぎても、思うように部品を選べないことでフラストレーションがたまってしまうでしょう。

この記事では、Digi-Keyの部品検索をもっと効率的に利用し、素早く簡単に必要な部品を見つけられるようにするためのヒントと、あまり知られていない「こつ」を紹介します。ここで紹介する例は、掲載時点の情報である点にご注意ください。

部品検索に関する一般情報

Digi-Keyの部品検索は、設計で必要な要素に適した部品を効率的な方法で見つけられるように設計されています。たとえば、スルーホール型抵抗器を探すとしましょう。はじめに、ページの上部にある部品検索のボックスに「抵抗」と入力します(図1の検索結果を参照)。

Digi-Keyの「抵抗」検索結果のイメージ

図1:「抵抗」の検索結果。

部品データベースにあるすべての抵抗が表示されます。現在探しているのはスルーホール型抵抗器なので、「スルーホール型抵抗器」をクリックして、提供中のすべてのスルーホール型抵抗器が掲載されたページに移動します。

図1から、非常に多くの品目のスルーホール型抵抗器が掲載されていることが分かります。パラメータフィルタを使用すれば、より扱いやすいリストに絞り込むことができます(図2)。

Digi-Keyの「スルーホール型抵抗器」のパラメータフィルタのイメージ

図2:「スルーホール型抵抗器」のパラメータフィルタ。

これらのフィルタを使用する最善の方法は、最初に最も重要なパラメータを選択することです。この場合、おそらく最も重要なパラメータは「抵抗(オーム)」でしょう。1つの欄で複数のパラメータ値を選択するには、キーボードの「Ctrl」キーを押したままクリックします。一定の範囲を選択するには、「Shift」キーを押したままで最初の値をクリックし、2番目の値までスクロールしてクリックします(もしくは、最初の値をクリックしたらそのままドラッグし、範囲の終わりの値でマウスを離します)。すべての値を選択したら、「フィルタの適用」ボタンをクリックして検索結果を表示します。

最も重要なパラメータフィルタが適用された後、次に最も重要なパラメータフィルタに移り、フィルタにかけるすべてのパラメータが完了するまで繰り返します。複数のパラメータフィルタで同時にフィルタをかけると、選択したすべてのパラメータを満たす部品が全く見つからない結果になる可能性があるため、一度に1つのパラメータでフィルタをかけることをお勧めいたします。

例の段階的な考察

実例を段階的に見てみましょう。スルーホールTO-220パッケージで少なくとも50Aおよび85V定格のNチャンネルMOSFETを探していると仮定します。検索ボックスに「MOSFET Nチャンネル 50A 85V スルーホール TO-220」と入力すると、検索結果として3品目の生産中止品が表示されます(図3)。

「MOSFET Nチャンネル 50A 85V スルーホール TO-220」の検索結果イメージ

図3:「MOSFET Nチャンネル 50A 85V スルーホール TO-220」の検索結果。

この検索文字列は制限が多すぎて、探している結果が得られません(主に、定格電流および電圧が限定されているため)。もう一度最初に戻り、パラメータフィルタを使用して、目的の仕様に合う別の部品を見つけられるかどうかやってみましょう。

比較できる部品の選択肢が表示される一般的な検索を開始する際に、可能な限り一般的な検索から始めて、妥当な数の検索結果数に絞り込むのが最善です。この例では、検索ボックスに「MOSFET」と入力して検索を開始します(Digi-Keyの部品検索は、大文字と小文字の区別がないことに注意してください)。図4は、この検索結果を示しています。

Digi-Keyの「MOSFET」検索結果のイメージ

図4:「MOSFET」の検索結果。

シングルMOSFETを探しているため、「トランジスタ - FET、MOSFET - シングル」のリンクをクリックします。表示されるページには、非常に多数の品目が掲載されています(図5)。

MOSFETの「トランジスタ - FET、MOSFET - シングル」ファミリの検索結果のイメージ

図5:MOSFETの「トランジスタ - FET、MOSFET - シングル」ファミリの検索結果。

ここで、パラメータフィルタの使用を開始します。最初に、「FETタイプ」を選択します。NチャンネルMOSFETを探しているため、要件を満たすすべてのFETタイプを選択します(図6)。パラメータ値をよくみると、この記事の図では、「*」や「-」が時々表示されていることに気づきます。「*」は、通常、より新しい部品において、値がまだ入力されていないことを示します。「-」は、値がデータシートで見つからなかったことを示します。

NチャンネルのすべてのFETタイプの選択のイメージ

図6:NチャンネルのすべてのFETタイプの選択。

「フィルタの適用」ボタンをクリックした後、検索結果が絞り込まれます。次に、パラメータフィルタで右にスクロールして「実装タイプ」のパラメータを見つけて、検索結果をさらに絞り込みましょう。スルーホールの部品を探しているため、スルーホールを選択し(図7)、「フィルタの適用」ボタンをクリックします。

Digi-Keyの「スルーホール」実装タイプのイメージ

図7:「スルーホール」実装タイプの選択。

検索結果がさらに絞り込まれました。次に使用するフィルタは「パッケージ/ケース」のパラメータです。パラメータフィルタで右にスクロールしてそのパラメータを見つけて、入手可能なすべてのTO-220オプションを選択し(図8)、「フィルタの適用」ボタンをクリックします。

「パッケージ/ケース」で入手可能な「TO-220」オプションのイメージ

図8:「パッケージ/ケース」での入手可能なすべての「TO-220」オプションの選択。

これにより、入手可能な部品の検索結果がさらに絞り込まれました。次に、電圧定格でフィルタをかけます。定格85V以上のMOSFETを探しているため、その値を選択し、余裕を見て定格120Vまでのすべての部品を含み(図9)、「フィルタの適用」ボタンをクリックします。

Digi-Keyの85V~120V電圧定格範囲のイメージ。

図9:85V~120Vの電圧定格範囲の選択。

この時点で、まだ数百品目の部品が選択肢として残っています。最後のパラメータとして、電流定格で絞り込みます。目的の仕様は50Aですが、若干のゆとりを持たせて定格50~60AのMOSFETをすべて選択し(図10)、「フィルタの適用」ボタンをクリックします。

Digi-Keyの50A~60A電流定格範囲のイメージ。

図10:50A~60Aの電流定格範囲の選択。

最終的に数十品目に絞り込めたので、必要な部品を探しやすくなりました。ただし、迅速な部品の入手を希望しているので、「在庫品目」チェックボックスにチェックマークを付けて「フィルタの適用」ボタンをクリックし(図11)、さらに表示品目を少なくします。

チェックマークが付いた「在庫品目」チェックボックスのイメージ

図11:「在庫品目」チェックボックスにチェックマークを付けた後の最終的なフィルタ検索結果。

当初検索して表示された3品目の生産中止品の代わりに、21のオプションから選択することができます。これらの検索結果は、目的の列にある上向き矢印と下向き矢印を使用して、並べ替えることができます(図12)。

「Id印加時のVgs(th)(最大)」で並び替えたDigi-Keyの部品検索結果のイメージ

図12:「Id印加時のVgs(th)(最大)」で並び替えた部品検索結果。

パラメータフィルタを使用している時、適用したフィルタを後で解除する場合は、「適用されたフィルタ:」のラインにあるx印が付いたボックスをクリックしてください。これにより、フィルタの選択肢を変更するか、検索でそのフィルタを未使用とすることができます。

検索に関するこつ

ほとんどのユーザーには知られていないかもしれませんが、Digi-Key部品検索エンジンでは検索文字列にブールロジックを使用できます。ブールオペランドのAND、OR、およびNOTがサポートされます。

ANDステートメントを使用するには、検索文字列で各パラメータの間にスペースを入れます。スペースの代わりに「.and.」を使用することもできますが、この場合、入力の手間が大きくなります。

ORステートメントを使用するには、ORロジックを適用するオペランド間に「|」(標準英語キーボードではShift+「\」)または「.or.」を挿入します。ORステートメントを使用すると、検索結果数が非常に大きくなる場合がある点に注意が必要です。

同様に、NOTステートメントを使用するには、オペランドの間に「~」または「.not.」を挿入します。これは特に、検索結果から除外する品目がある場合に便利です。たとえば、「アンテナ ~ アクセサリ」と入力して検索すると、パラメータ欄に「アクセサリ」という単語が含まれる部品は結果に含まれません。

もう1つの検索ヒントとして、大部分の検索エンジンと同じように、引用符で囲むと正確に一致するフレーズを検索できます。たとえば、マイクロコントローラ "32 x 8"を検索すると比較的少ない検索結果数が得られるのに対して、同じ語句で引用符を付けない場合は検索結果数が非常に多くなります。

短い検索語句のほうが良好な検索結果が得られる場合について

Digi-Keyの部品検索を定期的に使用されるお客様は、正確なDigi-Key品番またはメーカー品番をご存じであれば、お探しの部品が非常に簡単に見つかることを把握されています。しかし、1文字誤っていたり欠如していたりすると、検索結果が全く得られない可能性があります。部分的な品番を使用した検索が非常に有効である例をご紹介します。たとえば、MicrochipのPIC24F16KL402-I/MLマイクロコントローラを探している場合、何らかの理由で品番が(「K」の後の「L」が省かれた)「PIC24F16K402-I/ML」であると考えるとします。検索結果が見つからなかったこと、そして品番が正しく入力されたかを確認することが記載されたページが表示されます(図13)。

誤った品番を使用した部品検索結果のイメージ

図13:誤った品番を使用した部品検索結果。

品番を確認した後、誤りがないと考え、この部品がDigi-Keyの部品データベースにはないと考える可能性があります。しかし、ユーザーは、前回検索した時はこの部品が表示されたことを覚えています。簡単な解決策として、検索ボックスに入力する品番の文字列を短くしていく方法があります。検索ボックスに入力する品番の末尾を一度に1文字ずつ削除し、部品が見つかるまで繰り返します。この例の場合、検索文字列が「PIC24F16K402」になった時点で、2つの部品が表示されますが、どちらも非在庫保有商品で、お探しの部品ではありません。引き続き品番を短くすると、「組み込み - マイクロコントローラ」でいくつかの品目を示したページに最終的に到達します(図14)。

Digi-Keyの「PIC24F16K」部品検索結果のイメージ

図14:「PIC2416K」の部品検索結果。

「組み込み - マイクロコントローラ」をクリックし、「在庫品目」チェックボックスにチェックマークを入れると、表示される部品の数が減ります。これにより、最初に探していた部品を簡単に見つけることができます。

検索結果内での検索

2016年の初めに追加された「検索結果内で検索」機能を使用すると、最初の検索結果が返された後に検索結果内を検索することができます(「結果:」と総数の下にあるグレーのセクション内の最初の欄)。これを使用すると、新たな検索を始めるのではなく、以前の検索結果に基づいて検索を絞り込むことができます。

簡単な例を使用して、この機能の有効性を確認しましょう。この例では、メーカーを選択せずに、USBおよびUARTコネクティビティおよび50~55個のI/Oを備えた16ビットマイクロコントローラを検索します。最初に「マイクロコントローラ」で検索し、次に「組み込み - マイクロコントローラ」リンクをクリックします(図15)。

Digi-Keyの「マイクロコントローラ」検索結果のイメージ

図15:「マイクロコントローラ」の検索結果。

この結果には非常に多くの部品が含まれており、仕様に合う部品を素早く見つけるには数が多すぎます。この検索結果を絞り込むためにいくつかのフィルタを使用しますが、ここでは先行の例のような詳細な説明は省略します。(「コアサイズ」フィルタで)16ビット、(「I/O数」フィルタで)50~55個のI/Oを指定すると、容易にフィルタをかけることができます。次に、(「部品状況」フィルタで)「有効」の部品でフィルタをかけ、「在庫品目」チェックボックスにチェックマークを付けて、「フィルタの適用」ボタンをクリックします。これにより、検索する部品数を絞り込むことができます(図16)。

フィルタが適用された検索結果のイメージ

図16:フィルタが適用された状態での検索結果。

これでもまだ、部品を素早く見つけるには数が多すぎます。依然としてUSBおよびUARTコネクティビティの部品を探しています。「コネクティビティ」フィルタに目を通すと、USBだけまたはUARTだけを選択できないことが分かります。すべてのコネクティビティフィルタパラメータには、複数のエントリが含まれています。ここで、「検索結果内で検索」が役に立ちます。このボックスに「USB UART」と入力してキーボードで「Enter」を押すか、またはその欄の隣にある虫眼鏡マークをクリックすると、検索する部品数をさらに絞り込むことができます(図17)。

「USB UART」検索文字列での「検索結果内で検索」のイメージ

図17:「USB UART」検索文字列での「検索結果内で検索」。

当初の部品検索結果数よりも、はるかに扱いやすい結果数になりました。この時点で、追加のフィルタまたは「検索結果内で検索」を適用して、選択肢をさらに絞り込むことができます。

検索に関するその他のヒント

このほかにも、Digi-Keyの部品検索エンジンを使用する際に覚えておくと役に立つ情報があります。

  • すべての検索語には、ワイルドカードが自動的に適用されます。言い換えれば、「LED」を検索する際に、トップの結果にあるほとんどの検索結果は、予期していたオプトエレクトロニクス分野のものです。しかし、1つ例を挙げると、USBケーブルでの検索結果も得られます。これは、「商品概要」欄にある「SEALED」に「LED」が含まれているためです。
  • 検索エンジンは、スペリングのバリエーションを自動的に認識しません。たとえば、「pressure sensors」の検索結果数は、「pressure sensor」の検索結果数よりも少なくなります。最も包括的な検索結果を得るために、単数形の検索語を使用するのが最善です。
  • すべての検索はテキストベースで行われ、数値は認識されません。
    • 0402抵抗を探している際、最良の検索結果は「402 抵抗」を検索してワイルドカードに依存することで得られます。
    • 0.2インチの端子ブロックは、「.2 端子ブロック」を検索して見つけることができます。しかし、「.2" 端子ブロック」を検索すると異なる検索結果となります。これは、データベースに入力されたほどんどの測定値が0.200"として掲載されており、これらは見つからないためです。
    • 「インチ」および「フィート」の検索語句は、関連する略語「in.」および「ft.」とともに、Digi-Keyの部品データベースでほとんど見つかりません。検索結果をフィルタする時、これらの表現を使用してパラメータを絞り込むことは推奨しません。検索文字列でこれらを使用する場合は、インチに二重引用符(")またはフィートに一重引用符(')を使用すると最良の検索結果が得られます。

まとめ

Digi-Keyの部品検索エンジンは使いやすく、検索結果が素早く得られますが、お客様の仕様内にあるより多くの部品を参照して比較するのに使用できるいくつかの方法やこつがあります。この記事で説明した方法は、必要な部品を見つけたり、膨大な数の選択肢から設計に沿った部品を選んだりするために役立ちます。部品検索がうまくいかない場合は、これらの方法を試してみてください。

免責条項:このウェブサイト上で、さまざまな著者および/またはフォーラム参加者によって表明された意見、信念や視点は、Digi-Key Electronicsの意見、信念および視点またはDigi-Key Electronicsの公式な方針を必ずしも反映するものではありません。

著者について

Rich Miron

Digi-Key Electronicsのシニアテクニカルコンテンツ開発者であるRich Miron氏は、記事、ブログ、製品トレーニングモジュールの作成と編集に主に責任を持つ技術コンテンツグループに2007年から参加しています。Digi-Keyに加わる前は、原子力潜水艦の計装制御システムをテストし、認定していました。Richはノースダコタ州立大学ファーゴ校の電気電子工学の学位を取得しています。

Brian German

Brian German has been a technician with Digi-Key for over 16 years, where his primary focus is the Reference Design Library. He graduated in 2001 from North Dakota State College of Science with an AAS in electronics. He also suffers from a chronic addiction to solder flux fumes which adds to his love for working at Digi-Key with its millions of authentic parts on hand.

出版者について

Digi-Key Electronics

ミネソタ州シーフリバーフォールズに拠点を置くDigi-Key Electronicsは、試作および設計段階、量産段階のいずれにおいても、電子部品を卓越したサービスとともにグローバルに提供し、Digi-Keyでは、750社以上の一流メーカーから提供される600万点以上の製品を取り扱っている。