圧着ハンドブック 63800-0029 Datasheet by Molex

View All Related Products | Download PDF Datasheet
圧着ハンドブック
文書番号:TM-638000029JP 発行日:09-04-03 非管理対象文書
非管理対象文書非管理対象文書
非管理対象文書 ページ 1 / 23
改訂:D 改訂日:12-23-09
圧着ハンドブック
圧着ハンドブック圧着ハンドブック
圧着ハンドブック
注文番号
注文番号注文番号
注文番号 63800
63800 63800
63800-
--
-0029
00290029
0029
圧着ハンドブック
文書番号:TM-638000029JP 発行日:09-04-03 非管理対象文書
非管理対象文書非管理対象文書
非管理対象文書 ページ 2 / 23
改訂:D 改訂日:12-23-09
目次
目次目次
目次
セクション
セクションセクション
セクション
1 圧着技術の紹介
2 目的
3 適用範囲
4 定義
5 関連用具
6 作業手順
7 測定
8 圧着工程管理
9 トラブルシューティング
10 電線太さ一覧表
“J-U‘J’j
圧着ハンドブック
文書番号:TM-638000029JP 発行日:09-04-03 非管理対象文書
非管理対象文書非管理対象文書
非管理対象文書 ページ 3 / 23
改訂:D 改訂日:12-23-09
セクション
セクションセクション
セクション 1
11
1
圧着技術の紹介
圧着技術の紹介圧着技術の紹介
圧着技術の紹介
圧着技術は、はんだを使用した末端加工に代わる方法として開発されたもので、比較的低コストで端子
と電線を確実に接続できます。圧着加工の方法は、用途や量に応じて異なり、ハンドヘルド装置から全
自動システムまでの幅広い選択肢があります。
加工方法には、基本的なハンドツール、プレスおよびダイセット、ストリッパークリンパー、全自動電線加工
シスムなどがりま。たし、の方を使用す合でも、質の圧着態を現すためは、
各ツールのセットアップが非常に重要な役割を果たします。
現在、多くのOEM企業では、統計的工程管理を使用して、圧着加工の品質改善に取り組んでいます。
圧着加工は複雑なプロセスであるため、高い品質を安定的に確保するには、圧着技術に内在する変動
性と相関性について理解する必要があります。
圧着加工や圧着加工に影響を及ぼす可能性のある要因について十分に理解していないと、期待通りの
結果が得られないことがあります。圧着加工における3つの重要な要素は、端子、電線、およびツーリング
です。
端子
端子端子
端子
ほとんどの用途において、コネクターメーカーが1種類の電線サイズ、1種類の撚り線、1種類の絶縁被覆
部直径 (ULタイプ) に対応するように端子を設計したのでは、経済的に実用性がありません。ほとんどの
端子は、対応する電線サイズ、撚り線、絶縁被覆部直径に一定の幅があり、対応範囲内であれば、許
容レベルの品質を満たすことができるように設計されています。
電線
電線電線
電線
同じ電線サイズでも、心線の撚りと絶縁被覆部にはさまざまな種類があります。例えば、19撚り線の18
AWGには、16撚り線の18 AWGよりも18 %以上多い材料が含まれています。18 AWG電線の絶縁被覆部
直径は、1.78mm (0.070") から4.57mm (0.180") を超える種類まで多岐にわたります。心線には、銅、錫
めっき、オーバーコート、トップコードなどの種類があります。絶縁被覆部の材質、厚さ、およびデュロメータ
ー硬度は用途に応じて異なります。
ツーリング
圧着端子の取り付けでは、どんな種類のツーリングが必要ですか。取り付けでは、手作業による電線のは
ぎ取りが必要ですか。それとも、数量が多いため、自動ワイヤーストリッパーが必要ですか。取り付けおよび
数量を考慮した場合、ハンドツール、プレスおよびダイ、自動電線加工機のうち、どれが必要ですか。ハン
ドツール、半自動プレスおよびダイ、全自動電線加工機のいずれを使用した場合でも、必ず圧着にはそ
れぞれレベルの異なるバラツキが伴います。端子、電線、およびアプリケーションツーリングのすべてが、圧着
完了時の品質に影響を及ぼします。
圧着ハンドブック
文書番号:TM-638000029JP 発行日:09-04-03 非管理対象文書
非管理対象文書非管理対象文書
非管理対象文書 ページ 4 / 23
改訂:D 改訂日:12-23-09
セクション
セクションセクション
セクション 2
22
2
目的
目的目的
目的
本書には、圧着加工を正しく理解し、良好な圧着加工を実現するための一般的なガイドラインと手順が
記載されています。セクション4の用語集には、一般的な用語と定義が記載されています。セクション5には、
正確な測定と圧着状態の良否判定に必要なツールが記載されています。
ツーリングのセットアップが圧着完了時の品質に重大な影響を及ぼします。注意の必要な箇所は、クリン
プハイト、心線ブラシ、ベルマウス、カットオフタブ長さ、ストリップ長さ、被覆部の位置などです。これらの特
性に1つでもバラツキがあると、引っ張り強度が低下する可能性があります。これらの特性はすべて相互に
影響し合っているため、バラツキの許容範囲を簡単に確定することはできません。
例えば、ベルマウスを変更しようとしてトラック調整を行うと、カットオフタブ長さや被覆部の位置も変化しま
す。また、ストリップ長さや電線位置は心線ブラシと被覆部の位置に影響を及ぼします。被覆部クリンプ
ハイトを調整すると、心線クリンプハイトの測定値にわずかな変化が生じる可能性があります。最適なセッ
トアップを実現するために、セットアップ担当者は複数箇所の調整が必要になることがあります。
セットアップを行うときの作業順序次第で、最適なセットアップを実現するまでに必要な作業の繰り返しを
減らせる可能性があります。セクション6にはセットアップの過程を示すフローチャートが記載されており、セ
クション9には一般的な問題に対処するためのトラブルシューティングガイドが記載されています。圧着加
工時に統計的工程管理 (SPC) を使用すると、不良品の数量の抑制につながります。セクション8には、
SPC使用のメリットについて一般的な説明が記載されています。
本書は、内容の一部または全部をISO要件準拠のための手順ガイドとして使用できるように構成されて
います。
圧着ハンドブック
文書番号:TM-638000029JP 発行日:09-04-03 非管理対象文書
非管理対象文書非管理対象文書
非管理対象文書 ページ 5 / 23
改訂:D 改訂日:12-23-09
セクション
セクションセクション
セクション 3
33
3
適用範囲
適用範囲適用範囲
適用範囲
本書は、モレックス製ツーリングを使用してモレックス製のオープンバレル圧着端子を圧着するお客様向け
本書は、モレックス製ツーリングを使用してモレックス製のオープンバレル圧着端子を圧着するお客様向け本書は、モレックス製ツーリングを使用してモレックス製のオープンバレル圧着端子を圧着するお客様向け
本書は、モレックス製ツーリングを使用してモレックス製のオープンバレル圧着端子を圧着するお客様向け
に発行されています
に発行されていますに発行されています
に発行されています (主に半自動または全自動の電線末端加工処理を想定)。
本書の内容は、他のコネクターメーカーのガイドラインおよび手順とは多少異なることがあります。
本書には、許容範囲の圧着に求められる事項について、基本的な説明が記載されています。本書は個
別の製品および/またはツーリング仕様に代わるものではありません。
個々の端子またはアプリケーターには、特別な要件が設定されていることがあります。ツーリングの制限によ
り、最適な要件を満たすように特性を調整できないこともあります。
759
圧着ハンドブック
文書番号:TM-638000029JP 発行日:09-04-03 非管理対象文書
非管理対象文書非管理対象文書
非管理対象文書 ページ 6 / 23
改訂:D 改訂日:12-23-09
セクション
セクションセクション
セクション 4
44
4
定義
定義定義
定義
圧着加工の分析
圧着加工の分析圧着加工の分析
圧着加工の分析 (
( (
(
図 4
44
4-
--
-1)
1)1)
1)
ベルマウス
ベルマウスベルマウス
ベルマウス (
( (
(フレ
フレアフレア
フレア)
))
)
心線圧着部の端に形成され、心線に対して漏斗的
な役割を果たす広口部。この広口部は、心線圧着
部の鋭利な端部により電線が損傷する可能性を低
減します。一般的に、ベルマウスは端子材の厚さの約
1~2 倍の長さが必要です。
個々の端子の仕様要件を調べてください
曲げテスト
曲げテスト曲げテスト
曲げテスト
被覆数回
被覆部と心線の動きを評価する方法があります。一
般的に、被覆圧着部はすべての方向で 60~90 度
の曲げに数回耐える必要があります。小さいサイズの
電線でテストを行う場合には、被覆圧着部の裏側の
電線が切れないように注意してください。
心線ブラシ
心線ブラシ心線ブラシ
心線ブラシ
心線ブラシとは、端子の接点側で心線圧着部から突
き出た束状の心線を指します。心線ブラシがあること
により、心線圧着部の全長にわたって機械的圧縮が
発生していることを確認できます。心線ブラシは、接
触面に到達しない範囲にとどめる必要があります。
心線圧着
心線圧着心線圧着
心線圧着
電線の心線を囲んでいる端子の金属的な圧縮を指しま
す。この接続により、低抵抗および高電流容量の電気経
路が生成されます。
心線クリンプハイト
心線クリンプハイト心線クリンプハイト
心線クリンプハイト
心線クリンプハイトとは、形成された圧着部の上面部から
下側湾曲部までの高さです。この測定には、突出部を含
めてはいけません (図 4-1 参照)。クリンプハイト測定は、
破壊を伴わずに簡単に実施することができ、端子が電線
の心線に金属的に正しく圧縮されていることを確認できる
ため、工程管理での使用に適しています。クリンプハイト
規定値は、電線の撚りおよびコーティング、端子材質、め
っき全般における電気的性能と機械的性能のバランスを
考慮して設定されるのが一般的です。クリンプハイトを
個々の撚りおよび端子めっきに応じて最適化することも可
能ですが、通常は 1 つのクリンプハイト規定値が設定され
ます。
カットオフタブ長さ
カットオフタブ長さカットオフタブ長さ
カットオフタブ長さ
端子がキャリヤストリップから離れた後に、被覆圧着部から
突き出している部分の長さを示します。一般的に、カット
オフタブは端子材の厚さの約 1.0~1.5 倍の長さです。
個々の端子の仕様要件を調べてください。カットオフタブが
長すぎると、ハウジングの外側に端子が露出したり、電気
的スペースの要件を満たせなくなることがあります。ほとんど
被覆
被覆被覆
被覆
圧着部
圧着部圧着部
圧着部
ストリップ
ストリップストリップ
ストリップ
長さ
長さ長さ
長さ
ベル
ベルベル
ベル
マウス
マウスマウス
マウス
クリンプ
クリンプクリンプ
クリンプ
ハイト
ハイトハイト
ハイト
心線
心線心線
心線
圧着部
圧着部圧着部
圧着部
カットオフ
カットオフカットオフ
カットオフ
タブ
タブタブ
タブ
継ぎ
継ぎ継ぎ
継ぎ
突き出し
突き出し突き出し
突き出し
突き出し
突き出し突き出し
突き出し
突き出し
突き出し突き出し
突き出し
端子断面図
端子断面図端子断面図
端子断面図
4-1
ベンド
ベンドンド
ベンド
ダウン
ダウンダウン
ダウン
ベンドアップ
ベンドアップベンドアップ
ベンドアップ
ローリング
ローリングローリング
ローリング
ツイスト
ツイストツイスト
ツイスト
gift.
圧着ハンドブック
文書番号:TM-638000029JP 発行日:09-04-03 非管理対象文書
非管理対象文書非管理対象文書
非管理対象文書 ページ 7 / 23
改訂:D 改訂日:12-23-09
図 4
44
4-
--
-4
44
4
28.5
29.5
30.5
31.5
Thousandths
Measurements
Crimp Height
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25
Sample
Contol Limit
Control Limit
Upper Specification
Lower Specification
Example Control Chart
図 4
44
4-
--
-3
33
3
図 4
44
4-
--
-2
22
2
ストリップ長さ
ストリップ長さストリップ長さ
ストリップ長さ
の場合、材料の厚さに合わせてカットオフタブが同一
面になるようにツールをセットアップします。
突き出し
突き出し突き出し
突き出し (
( (
(フラッシュ
フラッシュフラッシュ
フラッシュ)
))
)
このようなわずかな張り出しは、パンチとアンビルツーリ
ングとの隙間から生じるもので、心線圧着部の下側に
発生します。アンビルが摩耗している場合や端子を圧
着しすぎた場合、突き出し量が多くなります。パンチと
アンビルの位置合わせが正しくない場合、フィード調
整がオフの場合、または端子の引っ張りが不十分また
は過剰である場合、不均等な突き出しが発生するこ
とがあります。
被覆圧着部
被覆圧着部被覆圧着部
被覆圧着部 (
( (
(ストレインリリーフ
ストレインリリーフストレインリリーフ
ストレインリリーフ)
))
)
端子の一部で、電線がハウジングに挿入されたときに
電線を支える役割を果たす箇所。この圧着により端
子は衝撃や振動への耐性も向上します。端子は、心
線まで食い込むことなく、可能な限りしっかりと電線を
保持する必要があります。被覆圧着の良否基準は
主観的であり、取付方法に応じて異なります。用途
に対してひずみ軽減が許容範囲内か特定するには、
曲げテストの実施が推奨されます。
被覆部クリンプハイト
被覆部クリンプハイト被覆部クリンプハイト
被覆部クリンプハイト
被覆部の厚さ、材質、硬さにはさまざまな種類がある
ため、モレックスでは、被覆部クリンプハイトを指定しま
せん。ほとんどの端子は、複数の種類の電線に対応
するように設計されています。端子の対応範囲内でも、
ストレインリリーフが電線の直径を完全に囲める場合
や囲めない場合があります。このような状況でも、ほと
んどの場合、許容範囲内の被覆圧着が得られます。
1. 大型のストレインリリーフは、電線の 88%以上を確
実につかむ必要があります。
2. 大型に含まれない小さいストレインリリーフは、電
線の 50%以上を確実につかみ、電線の頂部をし
っかり保持する必要があります。
被覆圧着部の状態を判定するには、電線を端子後
部と同一面で切断します。最適な取り付け設定が得
られたら、被覆部クリンプハイトを文書に記録しておくこ
とが重要です。これにより、セットアップ手順の一環とし
て、オペレーターはクリンプハイトを点検できます。
被覆位置
被覆位置被覆位置
被覆位置
被覆圧着部から心線圧着部までの移行部を基準に
した被覆の位置。移行部では、同量の心線と被覆が
見える必要があります。被覆位置により、被覆が被覆
圧着部の全長にわたって圧着されていることと、心線圧着
部に被覆が入り込んでいないことを確認できます。被覆位
置は心線ストッパーとストリップ長さ (ベンチ使用の場合) で
セットされます。自動電線加工機を使用の場合、被覆位
置はプレスの入/出調整でセットされます。
ストリップ長さ
ストリップ長さストリップ長さ
ストリップ長さ
ストリップ長さは、被覆をはぎ取った後に露出した心線部
分の長さを測定して特定します。被覆位置を中央に配置
したとき、ストリップ長さにより心線ブラシ長さが決定されま
す。
工程
工程工程
工程
圧着加工をうために必な人、装置、ツーリング材料
方法、手順の組み合わせ。工程管理を使用して特性を
長期間追跡すると、工程の変化を検出するのに役立ちま
す。工程に変化が生じたとき、素早く発見することで、数
千個もの圧着不良の発生を未然に防止できる可能性が
あります。
引っ張り強度テスト
引っ張り強度テスト引っ張り強度テスト
引っ張り強度テスト
引っ張り強度テストは、破壊を伴わずに、圧着加工の機
械的特性を簡単に評価することができる方法です。
圧着ハンドブック
文書番号:TM-638000029JP 発行日:09-04-03 非管理対象文書
非管理対象文書非管理対象文書
非管理対象文書 ページ 8 / 23
改訂:D 改訂日:12-23-09
図 4
44
4-
--
-6
66
6
パンチ
パンチパンチ
パンチ
電線
電線電線
電線
アンビル
アンビルアンビル
アンビル
端子
端子端子
端子
図 4
44
4-
--
-5
55
5
ラム
ラムラム
ラム
レート
プレレートプレプレート
プレスプレート
シャットハイト
シャットハイトシャットハイト
シャットハイト
ゲージ
ゲージゲージ
ゲージ
引っ張り強度テストの結果が許容範囲から外れてい
る場合、工程に問題があることを示しています。はぎ
取り作業での心線の切断または切り傷、ベルマウスま
たは心線ブラシの不足、クリンプハイト不良、ツーリング
の不良などは、引っ張り強度の低下の原因になります。
電線の特性や撚り、端子設計 (材料の厚さとセレー
ション設計) も引っ張り強度テストの結果に影響を及
ぼす可能性があります。
圧着時に適切な圧着力が加えられていることを表して
います。圧着加工時には、十分な力を加えることで、
はぎ取り後の心線に形成される非導電性の酸化膜を
破り、端子グリップ内側の錫めっきをはがす必要があり
ます。この状態は、金属同士の良好な接続を実現す
るために必要です。この状態にならないと、抵抗が増
加します。圧着端子を圧着し過ぎると、導体部の断
面積が小さくなり、抵抗が増加します。
シャットハイト
シャットハイトシャットハイト
シャットハイト
プレス機が下死点にあるときのツーリングマウンティングベー
スプレートからプレスラムのツーリング接続点までの距離。
端子位置
端子位置端子位置
端子位置
端子位置は、成形パンチおよびアンビル、キャリヤストリップ
カットオフツーリングに対する端子のアライメントによってセッ
トされます。ベルマウス、カットオフタブ長さ、端子突き出し
はツールのセットアップによって決まります。
圧着ハンドブック
文書番号:TM-638000029JP 発行日:09-04-03 非管理対象文書
非管理対象文書非管理対象文書
非管理対象文書 ページ 9 / 23
改訂:D 改訂日:12-23-09
セクション
セクションセクション
セクション 5
55
5
関連用具
関連用具関連用具
関連用具
キャリパ
キャリパキャリパ
キャリパ
向かい合う2枚のブレードで構成されているゲージ。2点
間の直線距離の測定に使用されます
アイルーペ
アイルーペアイルーペ
アイルーペ
拡大鏡で、通常は10倍
以上の倍率です。アイル
ーペは圧着加工部の目
視検査に役立ちます。
クリンプマイクロメータ
クリンプマイクロメータクリンプマイクロメータ
クリンプマイクロメータ
クリンプハイトの測定専
用として設計されたマイクロメータです。ベルマウスの影
響をけなよう圧着部の心でを行ます
クリンプマイクロメータには、圧着部の上部を支える薄い
ブレードと、下部の湾曲面に接触する尖端部がありま
す。
定規
定規定規
定規 (
( (
(ポケットスケール
ポケットスケールポケットスケール
ポケットスケール)
))
)
ベルカッブ、シ、ップ
および電線位置の測定に使用されます。最小目盛り
が0.50 mm (0.020”) の製品が推奨されます。
プルテスター
プルテスタープルテスター
プルテスター
圧着加工部の機械的強度を検証するときに使用される
機器。ほとんどの引っ張り強度テストでは、電線を固定し
て一定速度で引っ張り、ロードセルで力を測定する機器が
使用されます。プルテスターは、電線に固定式ウエイトを1
分以上吊すだけで使用できるため簡単です。
ツールメーカーマイクロスコープ
ツールメーカーマイクロスコープツールメーカーマイクロスコープ
ツールメーカーマイクロスコープ
ベルマウス、カットオフタブ、心線ブラシ、電線位置、ストリッ
プ長さの詳細な目視検査および統計的測定に使用され
ます。
圧着ハンドブック
文書番号:TM-638000029JP 発行日:09-04-03 非管理対象文書
非管理対象文書非管理対象文書
非管理対象文書 ページ 10 / 23
改訂:D 改訂日:12-23-09
セクション
セクションセクション
セクション 6
66
6
作業手順
作業手順作業手順
作業手順
ツールのセットアップ
ツールのセットアップツールのセットアップ
ツールのセットアップ (作業フローチャート参照)
1. ツーリングが清潔な状態で、摩耗がないことを確
認します。必要に応じて、ツーリングを清掃します。
摩耗しているツーリングは交換します。
2. プレス機の電源を切り離し、ガード装置を取り外
します。
3. 適切なツーリングをプレス機に取り付けます。
4. ツーリングに端子を装てんして、最初の端子をア
ンビルの上に位置決めします。
5. プレス機を手動でサイクルさせて、支障なく1サイ
クルが完了することを確認します。サイクル中に
支障が生じた場合、ツーリングを取り外し、プレス
3
6. ツーリングの位置合わせを確認します。アンビルツ
ーリングでつけられた圧着部底部の圧痕を確認
します。突き出しが均等で、圧着成形部が中心
に位置していることを確認します。適切な状態で
ない場合、ツーリングの位置を合わせて、ステップ
5に移ります。
7. 端子フィードにより次の端子がアンビルの中央に
位置決めされることを確認します。正しく位置決
めされない場合、端子フィードとフィードフィンガー
を調整して、ステップ5に移ります。
8. セットアップ時に取り外したすべての安全装置を
元通りに取り付けます。(
((
(各プレス機およびツーリ
各プレス機およびツーリ各プレス機およびツーリ
各プレス機およびツーリ
ングのマニュアルに記載されている安全要件をす
ングのマニュアルに記載されている安全要件をすングのマニュアルに記載されている安全要件をす
ングのマニュアルに記載されている安全要件をす
べて守ってください
べて守ってくださいべて守ってください
べて守ってください)
))
)。
9. 電源を入れて、サンプル端子を圧着します。
10. カットオフタブ長さおよびベルマウスの状態を判定
します。調整が必要な場合、プレス機の電源を
切り離し、ガード装置を取り外します。トラック位
置を調整します。プレス機を手動でサイクルさせ
て、フィードフィンガーのフィード位置を確認し、ステッ
プ7に移ります。
11. 心線ブラシの状態を判定します。調整が必要な場
合、プレス機の電源を切り離し、ガード装置を取り外
します。自動電線加工装置でのプレス位置またはベ
ンチ向けの心線ストッパーを調整します。ステップ8に
移ります。
12. 被覆位置を判定します。必要に応じて、ストリップ長
さを調整し、新しいサンプルを圧着して、ステップ11に
移ります。
13. 被覆部クリンプハイトを調整して、被覆圧着部を緩
めます。
14. サンプル端子を圧着します。
15. 心線クリンプハイトを測定し、規定値と比較します。
必要に応じて、プレス機の電源を切り離し、ガード装
置を取り外します。心線クリンプハイトを調整し、ガー
ドを取り付け、電源を接続して、ステップ14に移りま
す。
16. 引っ張り強度テストを行います。このテストに合格し
なかった場合、トラブルシューティング (セクション9) を
参照してください。
17. 被覆圧着を調整します。
18. サンプル端子を圧着します。
19. 被覆圧着を判定します。必要に応じて、プレス機の
電源を切り離し、ガード装置を取り外します。被覆
部クリンプハイトを調整し、ガードを取り付け、電源を
接続して、ステップ18に移ります。
20. クリンプハイトを測定し、規定値と比較します。必要
に応じて、プレス機の電源を切り離し、ガード装置を
取り外します。心線クリンプハイトを調整し、ガードを
取り付け、電源を接続して、ステップ18に移ります。
21. 測定値を文書に記録します。
常時安全に作業してください
常時安全に作業してください常時安全に作業してください
常時安全に作業してください
1’Fi7n—flv— |~
圧着ハンドブック
文書番号:TM-638000029JP 発行日:09-04-03 非管理対象文書
非管理対象文書非管理対象文書
非管理対象文書 ページ 11 / 23
改訂:D 改訂日:12-23-09
電源を切り離し、必要なガ
ードを取り外す
ツーリングをプレス機に
取り付ける
ツーリングに端子を装
てんする
プレス機を手動で
サイクルさせる
ツーリングは清潔で摩
耗がない状態か? ツーリングを清掃また
は交換する
プレスシャットハイトを
設定する
プレス機からツーリング
を取り外す
開始
開始開始
開始
サイクルが完
了するか?
ツーリングの
位置は良好
か?
端子フィードは良好か?
端子はアンビルの中央に
あるか?
カットオフタブとベ
ルマウスの状態を
判定する
安全ガードを取り付
け、 電源を接続する
サンプルを圧着する
B
端子フィードとフィード
フィンガーを調整す
ツーリングを位置合わ
せする
A
トラック位置を
調整する
プレス機を手動で
サイクルさせる
電源を切り離し、必
要なガードを取り外す
サンプルを圧着する
プレス位置を調整す
心線ブラシ
の状態を判
定す
電源を切り離し、
必要なガードを取り外す
心線ストッパーを
調整する
被覆圧着部を緩め
A
ベンチプレス
または自動
電線加工
B
被覆位置を
判定する
サンプルを圧着する
ストリップ長さを調整
する
安全ガードを取り付
け、 電源を接続す
心線クリンプハイトを
調整する
被覆部クリンプハイトを
調整する
トラブルシューティン
(セクション 9 参照)
電源を切り離し、必
要なガードを取り外す
心線クリンプハ
イトは良好か?
引っ張り
強度テス
サンプルを圧着する
被覆部クリン
プハイトは良
好か?
心線圧着
部は良好
?
安全ガードを取り付
け、 電源を接続する
心線クリンプハイトを
調整する
電源を切り離し、必
要なガードを取り外す
電源を切り離し、必
要なガードを取り外す
被覆部クリンプハイト
を調整する
安全ガードを取り付
け、 電源を接続する
終了
終了終了
終了
自動電線加工
機使用
ベンチプレス使用
いい
いいえ
はい
はい
はい
いい
いいえ
はい
いいえ
いいえ
はい
良好
不合格
はい
合格
良好
不良
いいえ
はい
30 0.05 1.5 6.7 26 0.13 3 13.4 22 0.324 8 35.6 15 0.823 20 89.0 14 2.08 50 222 6 10 5.261 80 356 0
圧着ハンドブック
文書番号:TM-638000029JP 発行日:09-04-03 非管理対象文書
非管理対象文書非管理対象文書
非管理対象文書 ページ 12 / 23
改訂:D 改訂日:12-23-09
セクション
セクションセクション
セクション 7
77
7
測定
測定測定
測定
引っ張り強度テスト
引っ張り強度テスト引っ張り強度テスト
引っ張り強度テスト
1. 電線を約150 mm (6”) の長さに切断します。
2. 片方の先端の被覆を13 mm (0.50”) 、または電線
被覆が被覆グリップの下に来ない程度まではぎ取りま
す。あるいは、被覆圧着部を緩めて、電線の被覆が
つかまれないようにします。
3. 適切な端子を通常のクリンプハイトで電線に圧着し
ます。
4. 圧着後のベルマウス、心線ブラシ、心線の損傷を目
視点検します。
5. プルテスターを25.4 mm/分 (1.00”/分) に設定します。
ほとんどの場合、これより大きい値を設定しても、デー
タに重大な影響はありません。この遅い速度では、心
線を引きちぎる急激な力の作用が予防されます。
25.4 mm/分で取得されたデータを使用して、さらに
大きい引っ張り速度を検証します。
6. 必要であれば、電線の反対側 (端子を取り付けてい
ない側) に結び目を付けます (被覆が滑りやすい場
合)。
7. 引っ張りテストの種類に関係なく、電線及び端子付
き末端の両方をしっかりとクランプ固定する必要があ
ります。(注記:端子接触面を固定してください。心線
圧着部を固定しないでください)。
8. 引っ張り強度テストを開始します。
9. 引っ張り強度の値を記録します。各セットアップを確
認するには、引っ張り強度の測定を5回以上行う必
要があります。工程能力を特定するには、25回以上
読み取りを行う必要があります。
10. 最も小さい読み取り値を引っ張り強度の最小規定
値と比較します。
注記:電線2本を一緒に圧着する場合、バラツキが
大きくなり、Cpk (説明はセクション8を参照) の値が小
さくなるのが一般的です。このバラツキは、心線ブラシ
およびベルマウスの変動や、端子バレルのセレーション
と接触する素線の減少が原因です。二線圧着は最
小サイズの電線の圧着と同程度にすぎないと考えら
れます。両方の電線をしっかりグリップして、全く同時
に引っ張った場合、測定される引っ張り強度の値はさ
らに高くなる可能性があります。各電線を個々に引っ
張ると、引っ張り強度値は大幅に小さくなります。両
方の電線が同じサイズである場合、上側の電線の引っ
張り強度の方が、下側の電線よりも小さくなるのが一般
的です。これは、端子セレーションの影響によるものです。
電線一覧表
電線一覧表電線一覧表
電線一覧表
注記:引っ張り強度は、最小値のみが規定されています。Cpk
の計算では、平均値が公称値と仮定され、CpとCpkが等しくな
るように規定の上限値が設定されます。引っ張り強度値が標
準偏差を引き上げるほど大きい場合、平均値及び最小値が
大きくなっても、Cpkが下がる可能性があります。
引っ張り強度テストのテスト値
引っ張り強度テストのテスト値引っ張り強度テストのテスト値
引っ張り強度テストのテスト値
UL486A
導線のサイズ
導線のサイズ導線のサイズ
導線のサイズ 引っ張り強度
引っ張り強度引っ張り強度
引っ張り強度
AWG
AWGAWG
AWG mm2 Lbf N
30 0.05 1.5 6.7
28 0.08 2 8.9
26 0.13 3 13.4
24 0.20 5 22.3
22 0.324 8 35.6
20 0.519 13 57.9
18 0.823 20 89.0
16 1.31 30 133.5
14 2.08 50 222.6
12 3.31 70 311.5
10 5.261 80 356.0
8 8.367 90 400.5
*個々の仕様を調べてください。
クリンプハイトのテスト
クリンプハイトのテストクリンプハイトのテスト
クリンプハイトのテスト
1. ツールのセットアップ手順を完了します。
2. サンプルを5個以上圧着します。
3. クリンプマイクロメータのフラットブレードを心線圧着部の2
つの湾曲部の頂点にあてます。ベルマウス付近では測定
しないでください。
4. マイクロメータのダイヤルを回して、先端を圧着部の底面
の湾曲部に接触させます。キャリパを使用する場合、圧
着部の突き出し部を測定しないように注意してください。
5. クリンプハイトの値を記録します。各セットアップを確認す
るには、クリンプハイトの測定を5回以上行う必要がありま
す。工程能力を特定するには、25回以上読み取りを行う
必要があります。
6. 圧着工程では、部品250個~500個ごとにクリンプハイト
を点検します。
||||||||l|||I|||| m
圧着ハンドブック
文書番号:TM-638000029JP 発行日:09-04-03 非管理対象文書
非管理対象文書非管理対象文書
非管理対象文書 ページ 13 / 23
改訂:D 改訂日:12-23-09
注記:クリンプハイトは破壊を伴わず簡単に測定でき
る上、末端処理の電気的および機械的信頼性の確
保という点で非常に重要な役割を果たすため、管理
図にまとめるのが一般的です。管理図の作成には、
主に3つの目的があります。1つは、セットアップサンプ
もう1つは、工程に影響を及ぼす特殊要因が不規則
で予測できないため、工程内で変化が発生した時
で変化を検出する方法が必要であるからです。これ
により、数千個もの圧着不良端子の廃棄を未然に
防ぐことができます。3つめの目的は、圧着工程の評
価および改善にデータが必要であるという点です。こ
れが最重要の目的と考えられます。
図 7
77
7-
--
-3
33
3
キャリパ
キャリパキャリパ
キャリパでの
でのでの
での
クリンプハイト測定
クリンプハイト測定クリンプハイト測定
クリンプハイト測定
図 7
77
7-
--
-2
22
2
クリンプマイクロメータ
クリンプマイクロメータクリンプマイクロメータ
クリンプマイクロメータでの
でのでの
での
クリンプハイト測定
クリンプハイト測定クリンプハイト測定
クリンプハイト測定
図 7
77
7-
--
-1
11
1
引っ張り強度テスト
引っ張り強度テスト引っ張り強度テスト
引っ張り強度テスト
iUSL-ii‘JfiE, 7 EFMflE-LSL,
圧着ハンドブック
文書番号:TM-638000029 発行日:09-04-03 非管理対象文書
非管理対象文書非管理対象文書
非管理対象文書 ページ 14 / 23
改訂:D 改訂日:12-23-09
セクション
セクションセクション
セクション 8
88
8
圧着工程
圧着工程圧着工程
圧着工程管理
管理管理
管理
圧着工程は、端子、電線、ツーリング、作業者、方法、
手順および環境的要因の相互作用により成立します。こ
の工程を管理することにより、高品質の末端加工が実現
できます。品質管理は、高品質の圧着加工の重要な要
素です。セットアップや点検に過剰な時間を費やす必要
がない上、ハーネスメーカーでは再加工や再生にかかる
可能性のある何十万円もの費用を節約できます。
バラツキとは、圧着ごとに発生する微妙な変化です。バラ
ツキには、一般的なバラツキと特殊なバラツキの2種類が
あります。一般的な原因で発生するバラツキは、工程の
均一性に影響を及ぼすものであり、多くの小さい原因が
重なった結果です。一般的なバラツキは、電線または端
子の1つのリール内に本質的に存在するもので、公差とし
てみなされます。一般的なバラツキは、ワイヤーストリッパ
ーや圧着機自体の公差によっても発生します。
通常、この一般レベルでのバラツキを減らすには、電線、
端子、およびツーリングメーカーでの変更が必要になります。
特殊な原因によるバラツキは発生が不規則で、予測でき
ません。圧着工程での点検がなければ、最初の100個の
加工後にツールに緩みが生じたり、ツールの損傷により引
っかかりが発生したりしても、検出されない状態が続き、
不良の状態で何千回もの圧着が行われる可能性があり
ます。
工程能力
工程能力工程能力
工程能力
新規の圧着ツールを量産に導入する前に、お客様側で、
工程で使用する特定の電線を使用して、工程能力を調
査することをお勧めします。能力調査では、正規分布
(鐘形曲線) に従うと仮定して、測定値が規格外になる
確率を推定します。
能力
能力能力
能力
Cpk +/- Sigma 歩留まり
歩留まり歩留まり
歩留まり (%)
(%) (%)
(%) PPM*
0.67 2 95.45 45,500
1 3 99.73 2,699
1.33 4 99.99 63
1.67 5 99.99+ 0.57
2 6 99.99++ 0
* PPM - 百万個あたりの部品数 (潜在的な不良品)
最小25個を1セットとするサンプルを圧着工程から抽出す
る必要があります。このサンプルを基に、平均値と標準偏
差を計算します。能力指数は以下の式で定義されます。
Cpの範囲はゼロから無限大に及ぶ可能性があり、値が大
きいど工能力高いことしま。ほんど場合
1.33を超える値であれば、許容範囲として考えられます。
Cpの計算には以下の式が使用されます。
___公差___
6*標準偏差
Cpk指数は工程で公差内の製品が製造されるかどうかを
示します。工程が規格の平均に集中している場合、Cpk
の値はCpと等しくなります。Cpkが負になる場合、工程の
平均は規格範囲外です。Cpkが0~1の間である場合、シ
ックスシグマの範囲の一部が公差の範囲から外れます。
Cpkが1よりも大きい場合、シックスシグマの範囲は完全に
公差内に入ります。Cpkの計算には、以下の式のうち小さ
い方が使用されます。
__(USL - 平均)__ __ (均値 - LSL)__
3*標準偏差 3*標準偏差
USL = Upper Specification Limit (規格上限値)、 LSL
= Lower Specification Limit (規格下限値)
シックスシグマの実現は不良品が実質的にゼロであること
を意味するため、多くの企業が目標としています。企業が
シックスシグマレベルを実現できるかどうかは、工程内での
一般的なバラツキの量によって左右されます。例えば、手
作業による電線のはぎ取りは、機械によるはぎ取りよりも
バラツキが大きくなります。ハンドツールによる圧着は、プレ
ス機およびダイセットを使用した場合よりもバラツキが大き
くなります。また、ベンチによる末端加工は、自動電線加
工機よりもバラツキが大きくなります。
圧着に関するバラツキには、部品の測定に使用される機
器の種類や検査者の測定技能により発生するものもあり
ます。クリンプマイクロメータの方が、ダイヤルキャリパよりも
高い精度で測定できます。自動引っ張り強度テストシス
テムの方が、フック式スケールよりも正確に測定できます。
測定ゲージの分解能が十分であることも重要です。
検査者が異なれば、同じ部品の測定でも結果が異なる
ことがあります。また、1人の検査者でも、2種類のゲージ
を使用した場合には、部品の測定結果が異なることがあ
ります。モレックスでは、測定誤差に起因するバラツキがど
れくらいの割合になるか特定するために、ゲージ能力検査
m Example Comml Chart W *W W ihm _oumuml _cmmmn -wr-m -mm u i ‘ s. 1 - nw-mms-nm ”emu;
圧着ハンドブック
文書番号:TM-638000029JP 発行日:09-04-03 非管理対象文書
非管理対象文書非管理対象文書
非管理対象文書 ページ 15 / 23
改訂:D 改訂日:12-23-09
の実施をお勧めしています。小さいサイズの電線に圧着さ
れるマイクロ端子では、引っ張り強度を確保するために、
厳しい数値のクリンプハイトが要求されます。測定誤差に
よるバラツキがあると、Cpk値が低いままになる可能性があ
ります。
生産データが能力調査のデータと大きく異なる場合、圧着
ツールの能力を再確認する必要があります。
生産
生産生産
生産
ツールで実際に生産を開始する前に、能力レベルを確定
する必要があります。多くのハーネスメーカーでは、一度に
加工する電線の数は数百から数千本程度です。この場
合、すべてのセットアップで25個の加工を実践するのは、
経済的または現実的ではありません。
目視点検
目視点検目視点検
目視点検
作業者が圧着済み電線の束を手作業で扇状に広げて、
ベルマウス、心線ブラシ、被覆位置、カットオフタブ長さ、
被覆圧着部を点検する作業は、標準作業手順に含ま
れている必要があります。
管理図作成
管理図作成管理図作成
管理図作成
クリンプハイトは破壊を伴わず簡単に測定できる上、末
端処理の電気的および機械的信頼性の確保という点で
非常に重要な役割を果たすため、クリンプハイトを管理
図にまとめるのが一般的です。管理図の作成には、主に
3つの目的があります。1つは、セットアップサンプルの数が
通常少なく、統計値に制限があるためです。もう1つは、
工程に影響を及ぼす特殊要因が不規則で予測できな
いため、工程内で変化が発生した時点ですぐに変化を検
出できる必要があるからです。これにより、数千個もの圧
着不良端子の廃棄を未然に防ぐことができます。3つめの
目的は、圧着工程の評価および改善にデータが必要で
あるという点で、これこそが最も重要な目的です。
ツーリング工程のセットアップが完了し、電線サイズに変更
がない場合、電線色の変更、電線長さの変更、端子材
の変更、またはセットアップ調整に対して1つの管理表を
作成します。クリンプハイトの調整を行う前に、表にデータ
ポイントを記録します。各調整後にデータを記録した場
合、工程は管理されているように見えるだけで、実際には
工程を改善するためのデータはほとんど得られません。作
業者はできるだけ多くの注記を表に書き込む必要があり
ます。製造工程を管理する上で、真に効果的で、経済
的に優れた方法は、工程自体に内在するバラツキの原
因を理解および監視し、減らすことです。セットアップや調
整に要する時間から利益は生まれません
このサンプル管理表ではどんなことがわかりますか。
X
XX
Xおよび
およびおよび
およびR
RR
R表
5サンプルの管理限度値 = 平均
(測定値5個の平均) + 0.577 x 平均 (範囲)
この表は、12回目と13回目の測定の間に工程に変化が
発生したことを示しています。このタイプの変化は、電線の
変更、端子ロットの変更、機械の引っかかりによるツーリン
グの損傷、作業者の交代、被覆圧着の調整のいずれか
が原因で発生する可能性があります。現時点で測定値
は規定範囲内ですが、生産を停止してクリンプハイトを調
整しますか。
材料の変更に伴う工程内の変化は、クリンプハイト調整
の正当な理由になる可能性があります。機械の引っかか
り後の変化は、調整ではなく、ツーリングの詳細な評価が
必要の交
調整ではなく、測定技能の評価が必要であることを示し
ます。管理表の目的は、工程内の変化の原因を突き止
め、工程の調整が必要かどうかを判定することです。
圧着ハンドブック
文書番号:TM-638000029JP 発行日:09-04-03 非管理対象文書
非管理対象文書非管理対象文書
非管理対象文書 ページ 16 / 23
改訂:D 改訂日:12-23-09
セクション
セクションセクション
セクション9
99
9
トラブルシューティン
トラブルシューティントラブルシューティン
トラブルシューティン
電線の加工
電線の加工電線の加工
電線の加工
症状
症状症状
症状 原因
原因原因
原因 解決策
解決策解決策
解決策
ツーリングの摩耗 ツーリングを交換する 被覆が不規則に切断されている
(図9-1) 電線の切り込み深さが浅すぎる 切り込み深さを調整する
ツーリングの損傷 ツーリングを交換する
切り込み深さが深すぎる 切り込み深さを調整する
一部の素線が切断されている
(図9-2) 心線が電線の中心からずれている 電線供給業者に連絡する
ツーリングの摩耗 ツーリングを交換する 撚り線が引っ張られている
(図9-3) 電線の切り込み深さが浅すぎる 切り込み深さを調整する
電線ドライブローラー/ベルトの摩耗 ベルト/ローラーを交換する
被覆デュロメーター硬度が硬すぎる 駆動圧力を高める
電線長さのバラツキが大きすぎる
(図9-4) 電線矯正装置が緩すぎる/きつすぎる 電線矯正装置を調整する
ストリップ長さが不適切 (図9-4) ットアップ不良 ツーリングを再セットアップする
図 9
99
9-
--
-1
11
1
被覆が不規則に切断されている
被覆が不規則に切断されている被覆が不規則に切断されている
被覆が不規則に切断されている
図 9
99
9-
--
-2
22
2
一部の素線切断さ
一部の素線が切断さ一部の素線が切断さ
一部の素線が切断
図 9
99
9-
--
-3
33
3
撚り線が引っ張られている
撚り線が引っ張られている撚り線が引っ張られている
撚り線が引っ張られている
9-4
電線長さのバラツキが大きすぎる、またはストリップ長さが不
電線長さのバラツキが大きすぎる、またはストリップ長さが不電線長さのバラツキが大きすぎる、またはストリップ長さが不
電線長さのバラツキが大きすぎる、またはストリップ長さが不
適切
適切適切
適切
IUW'jZBJiUflW #275733
圧着ハンドブック
文書番号:TM-638000029JP 発行日:09-04-03 非管理対象文書
非管理対象文書非管理対象文書
非管理対象文書 ページ 17 / 23
改訂:D 改訂日:12-23-09
長さ
長さ長さ
ベルマウスおよびカットオフタブ長さ
症状
症状症状
症状 原因
原因原因
原因 解決策
解決策解決策
解決策
ベルマウスが大きすぎる、カットオフタブがない トラック位置を調整して、カットオフタブを少し確保する
引っ張り強度が低い
(図9-6および9-7) ベルマウスが大きすぎる、カットオフタブは良好 パンチツーリングの摩耗または不良を点検し、
必要に応じて交換する
トラック位置を調整する 一部の素線が切断されている
(図9-8) ベルマウスがない、カットオフタブが長すぎる 端子ストリップに反りがないか点検する
カットオフの摩耗がないか点検し、必要に応じて交換する
カットオフタブが長い
(図9-9) ベルマウスは良好、カットオフタブが長すぎる パンチツーリングに摩耗がないか点検し、
必要に応じてトラックを再調整する
図 9
99
9-
--
-5
55
5
最適な圧着状態
最適な圧着状態最適な圧着状態
最適な圧着状態
図 9
99
9-
--
-6
66
6
ベルマウスが大きすぎる
ベルマウスが大きすぎるベルマウスが大きすぎる
ベルマウスが大きすぎる
図 9
99
9-
--
-7
77
7
ベルマウスが大きすぎる
ベルマウスが大きすぎるベルマウスが大きすぎる
ベルマウスが大きすぎる
カットオフタブがない
カットオフタブがないカットオフタブがない
カットオフタブがない
図 9
99
9-
--
-8
88
8
ベルマウスがない、カットオフタブが長すぎる
ベルマウスがない、カットオフタブが長すぎるベルマウスがない、カットオフタブが長すぎる
ベルマウスがない、カットオフタブが長すぎる
図 9
99
9-
--
-9
99
9
カットオフタブが長すぎる、ベルマウスは良好
カットオフタブが長すぎる、ベルマウスは良好カットオフタブが長すぎる、ベルマウスは良好
カットオフタブが長すぎる、ベルマウスは良好
圧着ハンドブック
文書番号:TM-638000029JP 発行日:09-04-03 非管理対象文書
非管理対象文書非管理対象文書
非管理対象文書 ページ 18 / 23
改訂:D 改訂日:12-23-09
心線ブ被覆位置
心線ブ被覆位置心線ブ被覆位置
心線ブラシおよび被覆位置
症状
症状症状
症状 原因
原因原因
原因 解決策
解決策解決策
解決策
被覆が心線圧着部に入り込んでいる、
心線ブラシは良好 (図9-10) ストリップ長さが短すぎる 規定値を確認し、ストリップ長さを調整する
ベンチチップ圧着 - 心線ストッパー位置不良 心線ストッパーを移行部の中央に調整する 被覆が心線圧着部に入り込んでいる、
心線ブラシが長い (図9-11) 電線加工 - プレス位置不良 プレス位置を調整して電線から離す
規定値を確認し、ストリップ長さを長く調整する
被覆が心線圧着部に入り込んでいる
心線ブラシが短い、またはない (図9-12) ストリップ長さが短すぎる ベンチトップ向けに心線ストッパー位置を再調整するか、
または、電線加工用にプレス位置を再調整する
規定値を確認し、ストリップ長さを短く調整する
ストリップ長さが長すぎる ベンチトップ向けに心線ストッパー位置を再調整するか、
または電線加工用にプレス位置を再調整する
被覆端部は移行部の中央にあるが、
心線ブラシが長すぎる (図9-13) 心線の切断が不規則、または撚り線が
被覆から引っ張られている ストリッパーツールに摩耗がないか点検する
規定値を確認し、ストリップ長さを長く調整する
被覆の端は移行部の中央にあるが、
心線ブラシが短すぎる (図9-14) ストリップ長さが短すぎる ベンチトップ向けに心線ストッパー位置を再調整するか、
または、電線加工用にプレス位置を再調整する
規定値を確認し、ストリップ長さを短く調整する
被覆の端が被覆圧着部で圧着されている
心線ブラシは良好、または長い (図9-15) ストリップ長さが長すぎる ベンチトップ向けに心線ストッパー位置を再調整するか、
または、電線加工用にプレス位置を再調整する
ベンチチップ圧着 - 心線ストッパー位置不良 心線ストッパーを移行部の中央に調整する
電線加工 - プレス位置不良 プレス位置を調整して電線から離す
被覆の端が被覆圧着部で圧着されている
心線ブラシが短い、またはない (図9-16) 作業者の電線位置決め技能を検証する 作業者の技能研修を行う、圧着速度を遅くする
図 9
99
9-
--
-10
1010
10
被覆が心線圧着部に入り込んでいる、
被覆が心線圧着部に入り込んでいる、被覆が心線圧着部に入り込んでいる、
被覆が心線圧着部に入り込んでいる、
心線ブラシは良好
心線ブラシは良好心線ブラシは良好
心線ブラシは良好
図 9
99
9-
--
-11
1111
11
被覆が心線圧着部に入り込んでいる、
被覆が心線圧着部に入り込んでいる、被覆が心線圧着部に入り込んでいる、
被覆が心線圧着部に入り込んでいる、
心線ブラシが長すぎる
心線ブラシが長すぎる心線ブラシが長すぎる
心線ブラシが長すぎる
図 9
99
9-
--
-12
1212
12
被覆が心線圧着部に入り込んでいる、
被覆が心線圧着部に入り込んでいる、被覆が心線圧着部に入り込んでいる、
被覆が心線圧着部に入り込んでいる、
心線ブラシが短い、またはな
心線ブラシが短い、またはな心線ブラシが短い、またはな
心線ブラシが短い、またはない
図 9
99
9-
--
-13
1313
13
心線ブラシが長すぎる
心線ブラシが長すぎる心線ブラシが長すぎる
心線ブラシが長すぎる
図 9
99
9-
--
-14
1414
14
心線ブラシが短すぎる
心線ブラシが短すぎる心線ブラシが短すぎる
心線ブラシが短すぎる
図 9
99
9-
--
-15
1515
15
被覆
被覆被覆
被覆の端
の端の端
の端が被覆圧着部で圧着されている、
が被覆圧着部で圧着されている、が被覆圧着部で圧着されている、
が被覆圧着部で圧着されている、
心線ブラシが長すぎる
心線ブラシが長すぎる心線ブラシが長すぎる
心線ブラシが長すぎる
9-16
被覆
被覆被覆
被覆の端
の端の端
の端が被覆圧着部で圧着されている、
が被覆圧着部で圧着されている、が被覆圧着部で圧着されている、
が被覆圧着部で圧着されている、
心線ブラシが短すぎる
心線ブラシが短すぎる心線ブラシが短すぎる
心線ブラシが短すぎる
圧着ハンドブック
文書番号:TM-638000029JP 発行日:09-04-03 非管理対象文書
非管理対象文書非管理対象文書
非管理対象文書 ページ 19 / 23
改訂:D 改訂日:12-23-09
被覆圧着
被覆圧着被覆圧着
被覆圧着
症状
症状 原因
原因 決策
解決解決
解決策
被覆部クリンプハイトを調整して、圧着力を高 端子が大径電線の 88%未満を
覆っている (図 9-21)
圧着が緩すぎる、
端子被覆バレルが不十分 端子の状態を判定
端子が小径電線の 50%未満に
接触している (図 9-22)
端子被覆バレルが大きすぎる 端子の状態を判定する
被覆バレルが被覆に食い込み、
心線に達している (図 9-23)
圧着力が強すぎる 被覆部クリンプハイトを調整する
被覆バレルが被覆をしっかりつかんでいない、
曲げテスト不合格 (図 9-24)
圧着が緩すぎる 被覆部クリンプハイトを調整して、圧着力を高める
* 安価なハンドツールでは、被覆圧着の調整ができません。ハンドツールは少量加工用として設計されていま
す。ハンドツールでは被覆圧着を調整できませんが、被覆に食い込む圧着であっても、多くの用途で許容範
囲と考えられることがあります。この基準をハンドツールのみに適用できるのは、ハンドツールの圧着サイクルが
低速であるためです。ハンドツールでは、被覆圧着で被覆に食い込んだ場合でも、心線は電線内部で脇に
移動し、損傷を免れる傾向があります。
図 9
99
9-
--
-17
1717
17
推奨
推奨推奨
推奨
被覆圧着
被覆圧着被覆圧着
被覆圧着
図 9
99
9-
--
-18
1818
18
推奨
推奨推奨
推奨
被覆圧着
被覆圧着被覆圧着
被覆圧着
図 9
99
9-
--
-19
1919
19
許容範囲内の
許容範囲内の許容範囲内の
許容範囲内の
被覆圧着
被覆圧着被覆圧着
被覆圧着
図 9
99
9-
--
-20
2020
20
許容範囲内の被覆圧着
許容範囲内の被覆圧着許容範囲内の被覆圧着
許容範囲内の被覆圧着
図 9
99
9-
--
-21
2121
21
被覆圧着不良
被覆圧着不良被覆圧着不良
被覆圧着不良
図 9
99
9-
--
-22
2222
22
被覆圧着不良
被覆圧着不良被覆圧着不良
被覆圧着不良
図 9
99
9-
--
-23
2323
23
被覆圧着不良
被覆圧着不良被覆圧着不良
被覆圧着不良
図 9
99
9-
--
-24
2424
24
被覆圧着不良
被覆圧着不良被覆圧着不良
被覆圧着不良
'JU‘J7I\’f |~ um. wwflicuhon u my Mun" numb Nomlnfl .m spec mum. 4 2 H 0.044" 0.0450 WNW 0.!M7ll 0.04M mus Muss ms Mm: campaign: Luwel 0mm Lppcr hm. u tr swine...“ V ‘ ' swam.“ gunman”. Van-m“ Swrillfip-A-m u .2 w m a , 2 x E E g a 3 a g 4 E 4 2 H l 2 ‘ “I 0 ”l J H ‘ H n M ! HIH ".044" MM!" INN“) "1N7" “MW 1mm 11,0150 mum Mull Mm) was 0.0455 WINS “-11"! M145 IMIISS Mans ILIIA‘YS mm, W cm. W.
圧着ハンドブック
文書番号:TM-638000029JP 発行日:09-04-03 非管理対象文書
非管理対象文書非管理対象文書
非管理対象文書 ページ 20 / 23
改訂:D 改訂日:12-23-09
図 9
99
9-
--
-25
2525
25
最適なクリンプハイトのグラフ
最適なクリンプハイトのグラフ最適なクリンプハイトのグラフ
最適なクリンプハイトのグラフ
図 9
99
9-
--
-26
2626
26
クリンプハイトが目標値から逸脱
クリンプハイトが目標値から逸脱クリンプハイトが目標値から逸脱
クリンプハイトが目標値から逸脱
図 9
99
9-
--
-27
2727
27
クリンプハイトのバラツキが大きすぎる
クリンプハイトのバラツキが大きすぎるクリンプハイトのバラツキが大きすぎる
クリンプハイトのバラツキが大きすぎる
クリンプハイト
症状
症状症状
症状 原因
原因原因
原因 解決策
解決策解決策
解決策
電線タイプ、メーカー、撚りが変更された
被覆の色またはデュロメーター硬度が変更された
圧着ツーリングが変更された
圧着プレス機 (シャットハイト) が変更された
プレスタイプ (メーカー) が変更された
端子リール (ロットコード) が変更された
ツーリングセットアップが変更された
ツーリングを調整して目標値に戻す
クリンプハイトが目標値から逸脱
(図9-26)
ツーリングの損傷または摩耗 ツーリングを交換する
電線のバラツキ
端子のバラツキ 供給された製品を点検する
ツーリングの損傷、緩み、または摩耗 ツーリングを交換する、または締め付ける
誤測定 ゲージ能力を分析する
端子のスプリングバックが大きすぎる、過圧着 クリンプハイトを調整する
クリンプハイトのバラツキが大きすぎる
(図9-27)
一部の素線がない、または切断されている はぎ取り工程を調整する
enema): Lower Spuifiuliun 12 10 I l I 20.0 25.0 30.0 15.0 40.0 45.0 50.0 Pull um: um Musul emznh aner Specific-(inn 12 m Meuuremulu f; I“ 10 20.0 25.0 30,0 15.0 40.0 45.0 50.0 Full (-me (lbs) it???
圧着ハンドブック
文書番号:TM-638000029JP 発行日:09-04-03 非管理対象文書
非管理対象文書非管理対象文書
非管理対象文書 ページ 21 / 23
改訂:D 改訂日:12-23-09
引っ張り強度
引っ張り強度引っ張り強度
引っ張り強度
症状
症状症状
症状 原因
原因原因
原因 解決策
解決策解決策
解決策
一部の素線が切断されている はぎ取り工程を点検する
クリンプハイトが低すぎる クリンプハイトを調整する
ベルマウスがない、または小さい ツーリングトラックを調整する
電線が心線圧着部の前でちぎれる
- 引っ張り強度が低い
(図9-29) 被覆圧着が被覆壁を貫通している 被覆クリンプハイトを高くする
クリンプハイトが高すぎる クリンプハイトを調整する
心線ブラシがない、または短い ストリップ長さを長くする
ベルマウスが大きすぎる ツーリングトラックを調整する
金端子が使用されている
端子材の厚さが薄すぎる 端子の取り付け方法を精査する
電線が被覆グリップから抜ける
- 引っ張り強度が低い
(図9-29)
端子のセレーションが浅い 最寄りのセールスエンジニアに問い合わせる
図 9
99
9-
--
-28
2828
28
最適な引っ張り強度のグラフ
最適な引っ張り強度のグラフ最適な引っ張り強度のグラフ
最適な引っ張り強度のグラフ
図 9
99
9-
--
-29
2929
29
引っ張り強度不足を示す
引っ張り強度不足を示引っ張り強度不足を示
引っ張り強度不足を示す
グラフ
8 8.302 .01287 1 .1280 3.25 .128 16384 2175.00 489.0 10 5.261 .00815 1 .1019 2.59 .102 10384 1378.44 309.9 10 4.740 .00735 37 .0159 2.92 .115 9354 1241.75 279.2 10 5.006 .00775 49 .0142 2.95 .116 9880 1311.63 294.9 12 3.308 .00513 1 .080 2.05 .081 6529 866.69 194.8 12 3.632 .00553 7 .0320 2.44 .096 7168 951.56 213.9 14 1.941 .00301 19 .0142 1.85 .073 3831 508.59 114.3 14 2.078 .00322 41 .0100 1.85 .073 4100 544.28 122.4 14 2.112 .00327 105 .0053 1.85 .073 4167 553.24 124.4 16 1.308 .00203 1 .0508 1.30 .051 2581 342.58 77.0 16 1.433 .00222 7 .0201 1.52 .060 2828 375.43 84.4 16 1.229 .00191 19 .0113 1.47 .058 2426 322.07 72.4 18 .811 .00125 16 .0100 1.19 .047 1600 212.40 47.8 18 .963 .00149 19 .0100 1.24 .049 1900 252.23 56.7 18 .823 .00128 65 .0050 1.19 .047 1625 215.72 48.5 20 .519 .00080 1 .0320 .81 .032 1024 135.94 30.6 20 .563 .00087 7 .0125 .97 .038 1111 147.53 33.2 20 .507 .00079 10 .0100 .89 .035 1000 132.75 29.8
圧着ハンドブック
文書番号:TM-638000029JP 発行日:09-04-03 非管理対象文書
非管理対象文書非管理対象文書
非管理対象文書 ページ 22 / 23
改訂:D 改訂日:12-23-09
セクション
セクションセクション
セクション10
1010
10
電線太さ一覧表
電線太さ一覧表電線太さ一覧表
電線太さ一覧表
電線面積
電線面積電線面積
電線面積 撚り線
撚り線撚り線
撚り線 電線直径
電線直径電線直径
電線直径 サーキュラー
サーキュラーサーキュラー
サーキュラー 電線切断
電線切断電線切断
電線切断
AWG
AWGAWG
AWG mm
mmmm
mm2
22
2 平方インチ
平方インチ平方インチ
平方インチ No. 直径
直径直径
直径 mm In. ミル
ミルミル
ミル N Lbf.
8 8.302 .01287 1 .1280 3.25 .128 16384 2175.00 489.0
8 7.820 .01212 19 .0285 3.68 .145 15433 2048.72 460.6
8 7.955 .01233 49 .0179 3.73 .147 15700 2084.21 468.6
8 8.605 .01334 133 .0113 3.73 .147 16983 2254.49 506.9
8 8.513 .01319 168 .0100 3.73 .147 16800 2230.22 501.4
8 8.424 .01306 665 .0020 3.73 .147 16625 2206.99 496.2
10 5.261 .00816 1 .1019 2.59 .102 10384 1378.44 309.9
10 4.740 .00735 37 .0159 2.92 .115 9354 1241.75 279.2
10 5.006 .00776 49 .0142 2.95 .116 9880 1311.63 294.9
10 5.320 .00825 105 .0100 2.95 .116 10500 1393.89 313.4
12 3.308 .00513 1 .080 2.05 .081 6529 866.69 194.8
12 3.632 .00563 7 .0320 2.44 .096 7168 951.56 213.9
12 3.085 .00478 19 .0179 2.36 .093 6088 808.16 181.7
12 3.294 .00511 65 .0100 2.41 .095 6500 862.88 194.0
12 3.3118 .00514 165 .0063 2.41 .095 6549 869.37 195.5
14 2.082 .00323 1 .0641 1.63 .064 4109 545.45 122.6
14 2.270 .00352 7 .0253 1.85 .073 4481 594.81 133.7
14 1.941 .00301 19 .0142 1.85 .073 3831 508.59 114.3
14 2.078 .00322 41 .0100 1.85 .073 4100 544.28 122.4
14 2.112 .00327 105 .0063 1.85 .073 4167 553.24 124.4
16 1.308 .00203 1 .0508 1.30 .051 2581 342.58 77.0
16 1.433 .00222 7 .0201 1.52 .060 2828 375.43 84.4
16 1.229 .00191 19 .0113 1.47 .058 2426 322.07 72.4
16 1.317 .00204 26 .0100 1.50 .059 2600 345.15 77.6
16 1.307 .00203 65 .0063 1.50 .059 2580 342.48 77.0
16 1.330 .00206 105 .0050 1.47 .058 2625 348.47 78.3
18 .823 .00128 1 .0403 1.02 .040 1624 215.60 48.5
18 .897 .00139 7 .0159 1.22 .048 1770 234.93 52.8
18 .811 .00126 16 .0100 1.19 .047 1600 212.40 47.8
18 .963 .00149 19 .0100 1.24 .049 1900 252.23 56.7
18 .825 .00128 41 .0063 1.19 .047 1627 216.03 48.6
18 .823 .00128 65 .0050 1.19 .047 1625 215.72 48.5
20 .519 .00080 1 .0320 .81 .032 1024 135.94 30.6
20 .563 .00087 7 .0126 .97 .038 1111 147.53 33.2
20 .507 .00079 10 .0100 .89 .035 1000 132.75 29.8
20 .616 .00096 19 .0080 .94 .037 1216 161.43 36.3
20 .523 .00081 26 .0063 .91 .036 1032 136.99 30.8
20 .519 .00081 41 .0050 .91 .036 1025 136.07 30.6
22 .324 .00050 1 .0253 .64 .025 640 84.97 19.1
22 .382 .00059 19 .0053 .79 .031 754 100.11 22.5 26 .128 .00020 1 .0159 .40 .016 253 33.56 7.5 26 .141 .00022 7 .0053 .53 .021 278 36.88 8.3 26 .127 .00020 10 .0050 .51 .020 250 33.19 7.5 26 .154 .00024 19 .0040 .48 .019 304 40.36 9.1 28 .080 .00012 1 .0125 .32 .013 159 21.08 4.7 28 .089 .00014 7 .0050 .38 .015 175 23.23 5.2 32 .034 .00005 7 .0031 .20 .008 67 8.93 2.0 32 .039 .00005 19 .0020 .23 .009 76 10.09 2.3
圧着ハンドブック
文書番号:TM-638000029JP 発行日:09-04-03 非管理対象文書
非管理対象文書非管理対象文書
非管理対象文書 ページ 23 / 23
改訂:D 改訂日:12-23-09
電線面積
電線面積電線面積
電線面積 撚り線
撚り線撚り線
撚り線 電線直径
電線直径電線直径
電線直径 サーキュラー
サーキュラーサーキュラー
サーキュラー 電線切断
電線切断電線切断
電線切断
AWG
AWGAWG
AWG mm
mmmm
mm2
22
2 平方インチ
平方インチ平方インチ
平方インチ No. 直径
直径直径
直径 mm In. ミル
ミルミル
ミル N Lbf.
22 .355 .00055 7 .0100 .76 .030 700 92.93 20.9
22 .382 .00059 19 .0063 .79 .031 754 100.11 22.5
22 .329 .00051 26 .0050 .76 .030 650 86.29 19.4
24 .205 .00032 1 .0201 .61 .024 404 53.63 12.1
24 .227 .00035 7 .0080 .58 .023 448 59.47 13.4
24 .201 .00031 10 .0063 .61 .024 397 52.69 11.8
24 .241 .00037 19 .0050 .58 .023 475 63.06 14.2
24 .200 .00031 41 .0031 .58 .023 394 52.31 11.8
26 .128 .00020 1 .0159 .40 .016 253 33.56 7.5
26 .141 .00022 7 .0063 .53 .021 278 36.88 8.3
26 .127 .00020 10 .0050 .51 .020 250 33.19 7.5
26 .154 .00024 19 .0040 .48 .019 304 40.36 9.1
28 .080 .00012 1 .0126 .32 .013 159 21.08 4.7
28 .089 .00014 7 .0050 .38 .015 175 23.23 5.2
28 .093 .00014 19 .0031 .41 .016 183 24.24 5.4
30 .051 .00008 1 .0100 .25 .010 100 13.28 3.0
30 .057 .00009 7 .0040 .30 .012 112 14.87 3.3
30 .060 .00009 19 .0025 .30 .012 118 15.64 3.5
32 .032 .00005 1 .0080 .20 .008 64 8.50 1.9
32 .034 .00005 7 .0031 .20 .008 67 8.93 2.0
32 .039 .00006 19 .0020 .23 .009 76 10.09 2.3
米州本部
米州本部米州本部
米州本部
Lisle, Illinois 60532 U.S.A.
1-800-78MOLEX
amerinfo@molex.com
北アジア太平洋本部
北アジア太平洋本部北アジア太平洋本部
北アジア太平洋本部
神奈川県大和市、日本
81-462-65-2324
feninfo@molex.com
南アジア太平洋本部
南アジア太平洋本部南アジア太平洋本部
南アジア太平洋本部
ジュロン、シンガポール
65-6-268-6868
fesinfo@molex.com
ヨーロッパ本部
ヨーロッパ本部ヨーロッパ本部
ヨーロッパ本部
ミュンヘン、ドイツ
49-89-413092-0
eurinfo@molex.com
米国本社
米国本社米国本社
米国本社
2222 Wellington Ct.
Lisle, IL 60532 U.S.A.
630-969-4550
ファックス: 630-969-1352
Web
WebWeb
Webサイト:
サイト:サイト:
サイト:http://www.molex.com

Products related to this Datasheet

TOOL HAND EXTRACTION MINI-FIT JR
TOOL HAND EXTRACT MICROFIT 3.0
TOOL HAND CRIMPER 20-30AWG SIDE
TOOL HAND CRIMPER 14-24AWG SIDE
TOOL EXTRACTION MOLEX .062 TERM
TOOL EXTRACTION MOLEX .093 TERM
TOOL HAND CRIMPER 22-30AWG SIDE
TOOL EXTRACTION MOLEX .156 TERM
TOOL EXTRACTION
TOOL HAND EXTRACTION
TOOL EXTRACTION MOLEX .100 TERM
CUT OFF PLUNGER SPRING 4996-4
TOOL HAND CRIMPER 24-30AWG SIDE
TOOL EXTRACTION FOR .084 CONTACT
TOOL HAND EXTRACTION
TOOL HAND INSERTION
COMPRESSION SPRING *
TOOL HAND CRIMPER 22-24/32-36AWG
TOOL HAND CRIMPER 14-20AWG SIDE
EXTRACTOR TOOL DITTO 20-26 AWG
TOOL HAND CRIMPER 18-24AWG SIDE
TOOL HAND CRIMPER 24-28AWG SIDE
PUNCH
TOOL HAND CRIMPER 20-22AWG SIDE
SCRAP CHUTE
TOOL HAND CRIMPER 28-32AWG SIDE
EXTRACTION TOOL
PUNCH
TOOL HAND CRIMPER 14-22AWG SIDE
TOOL HAND CRIMPER 18-22AWG SIDE