消費税

日本の関税法令に基づき、消費税の課税対象金額は商品代金と送料の合計金額となり、その金額が¥10,000以上の場合には、8%の消費税が加算されます。

税関で定められた消費税計算方法

計算例:

1.  合計金額(代金+送料) ¥56,876 (千円未満切捨) → ¥56,000

2.  56,000 x 6.3% (内国消費税) =3,528 (百円未満切捨) → 3,500

3.  3,500x 17/63 (地方消費税) = 944 (百円未満切捨) → ¥900

4.  3,500 + 900 = ¥4,400が消費税となります。